Business

アディダスが神戸に国内初フットウエア開発拠点を開業

施設イメージ画像
Image by: adidas

 アディダス ジャパンが、フットウエア開発を行うための新施設を2017年9月を目処に開業することを発表した。所在地は神戸市内で、施設の名称は未定。

 新施設は、アディダスが2020年に向けて掲げる、「スピード」「オープンソース」「キーシティ」を3本柱としたビジネス戦略「CREATING THE NEW」を推進するプロジェクトの一環として開業。世界の舞台で戦うアスリートのフットウエアカスタマイズ、およびグローバルで展開する定番商品のフットウエア開発を行うことを目的とする。新施設を基軸に日本発の技術や次世代のシューズクリエーターの育成プロジェクトを始動させ、世界最先端レベルの計測をはじめ、テスト機器、ハイスペックの製靴機器を備えたアディダスの日本初フットウエア開発拠点と位置づける。

 開業にあたり、1999年からアディダスの事業に携わり「アディゼロ(adizero)」の生みの親でもあるアディダス シューズ クリエーションアドバイザーの大森敏明がディレクターに就任。同氏監修のもとアスリート向けシューズのカスタマイズサポートを行い、木型の開発、アッパーデザイン監修、パターン作成など、グローバル展開の定番商品の開発を行っていくほか、全国のアディダスシューズ販売者に対するフットウエア専門教育に加え、世界中のシューズクリエーターに対し、次世代に向けた人材育成も行っていく。

■ 新施設概要(名称未定)
所在地:兵庫県神戸市内
開業日:2017年9月(予定)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング