「ルコック」がイスラエルのスニーカーショップとコラボ、伝統料理フムスが着想源に

「LCS R 800 HUMMUS」(税別1万8,000円)
「LCS R 800 HUMMUS」(税別1万8,000円)
画像: le coq sportif

 「ルコック スポルティフ(le coq sportif)」が、イスラエル・テルアビブに構えるスニーカーショップ「SneakerBox」の7周年を記念したコラボモデル「LCS R 800 HUMMUS」を2月17日に発売する。価格は税別1万8,000円。日本国内では「アトモス(atmos)」「ビームス(BEAMS)」「キックスラボ(KICKS LAB.)」「ミタスニーカーズ(mita sneakers)」で数量限定で展開される。

 コラボモデルは、茹でたひよこ豆や練りゴマ、にんにく、オリーブ油などを加えてペースト状にしたイスラエルの伝統料理「フムス(HUMMUS)」から着想。ルコック スポルティフが90年代に発売したランニングモデル「LCS R 800」をベースにカラーリングを大胆に変更し、ベージュ色のヌバックやレザー素材でフムスを、グリーンやバーガンディーのスエード素材で付け合わせのパセリやパプリカを表現したという。シューレースはグリーン、黄土色のオーカー、明るいオレンジの3色が付属しており、1足でさまざまなコンビネーションが楽しめる。インソールのつま先、シュータン、シューズボックス、シューケースには両ブランドのロゴを組み合わせた特別ロゴがあしらわれた。