Y's 表参道 地下1階
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

山本耀司のDNAを継承する「ワイズ」が一歩先へ、10年越しの旗艦店が表参道に

Y's 表参道 地下1階
Y's 表参道 地下1階
Image by: FASHIONSNAP

 ヨウジヤマモト社が展開する「ワイズ(Y's)」が、全ラインを揃える世界初のストア「Y's 表参道」の内部を公開した。10年近く場所を探していたという、同社にとって念願の旗艦店。山本耀司が築いてきた歴史と服作りの精神に、指揮を取りはじめて約6年となるデザインチームの新しい要素を加えた現在のワイズの世界観を表現している。ワイズのクリエイション発信地となり、新コンセプトの内装はJTQの谷川じゅんじが手掛けた。オープン日は4月19日。

 

 表参道ヒルズの西館に位置する店舗は、1階と地下1階の2フロアで売り場面積は270平方メートル。「ショーケース(SHOWCASE)」をコンセプトに、エントランスとなる1階はクリーンで開放的に仕上げた。撮影スタジオで使われているような器具をイメージした照明や、大型の常設設置は国内では初めてだというドットで構成されたアナログデバイス「FLIP-DOTS」、山本耀司が描いた墨絵を再構築したタペストリーを設置。地下1階は「浮遊」をテーマに、下から照明を当てて光の靄ができるようなライティングを組み幻想的な空間を演出した。むき出しの鉄骨は、ワイズのクリエイションの裏側を見せるという思いが込められており、VIPルームも用意されている。

 取り扱いはワイズを中心に、コンテンポラリーな表現が特徴の「ワイズ ピンク(Y's PINK)」、ニットやカットソーを中心としたライン「リスマット バイ ワイズ(RISMAT by Y's)」、日常着のリアリティをプラスしたドレスライン「ミチコ バ イ ワイズ(MICHIKO by Y's)」、シューズ、バッグを中心としたアクセサリーライン「カヨナカムラ バイ ワイズ(KAYO NAKAMURA by Y's)」、キャリア女性の為のスーツライン「ワイズ エクスクルーシブ(Y's Exclusive)」、ユニセックスなカジュアルライン「ジプシー(Gipsy)」の全7ラインを展開。40年以上の歴史を持つヨウジヤマモト社の中核を担うブランドとして1シーズンで800型を超えるアイテムを販売しており、現在では10〜70代まで幅広い顧客を抱える。松嶌里沙チーフクリエイターは「パターンと生地開発を同時進行で行っているので、シェイプに合った素材を適宜セレクトできるのがブランドの特長。着る人のことを考えたクリエイションに重点を置いている」とし、リアルクローズの中に存在するクリエイションを追求しているという。旗艦店は、山本耀司からバトンを引き継いだデザインチームによって確立したブランドを、更に一歩進める位置付けを担う。

 ヨウジヤマモト社は百貨店のインショップ展開が中心だったが、近年ではブランドの拡大と共に販路を広げている。表参道原宿エリアでは、2017年に「グラウンド ワイ(Ground Y)」をラフォーレ原宿の1階に出店。今回ワイズが表参道ヒルズに出店することで、南青山に位置するヨウジヤマモト旗艦店から原宿まで、異なる3つの業態が1つの線で繋がる。Eコマースはグローバルに広げる計画で、あらゆるチャネルを通じて山本耀司のDNAを全方位に広げる。

■Y's 表参道
オープン:2018年4月19日(木)
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館1階/B1階
※表参道に面した路面1階がストアエントランス
営業時間:11:00〜21:00 (日曜 〜20:00)
TEL:03-6455-4302

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング