Agnès Varda Bord de Mer, 2009 Digital HD projection, Blu-ray aspect 16:9 color/sound, video, projection, sand Total running time: 1 minute, looped, 96 x 120 x 115 inches

Art

仏映画作家 アニエス・ヴァルダの東京初個展が開催、映像インスタレーションや写真作品を展示

Agnès Varda Bord de Mer, 2009 Digital HD projection, Blu-ray aspect 16:9 color/sound, video, projection, sand Total running time: 1 minute, looped, 96 x 120 x 115 inches
Agnès Varda Bord de Mer, 2009 Digital HD projection, Blu-ray aspect 16:9 color/sound, video, projection, sand Total running time: 1 minute, looped, 96 x 120 x 115 inches

 フランス・パリを拠点に活動する映画作家 アニエス・ヴァルダ(Agnès Varda)が、東京で初めての個展を開催する。会場はBLUM&POEで、会期は6月12日から8月4日まで。

 

 アニエス・ヴァルダは、「ラ・ポワント・クールト」をはじめ、「5時から7時までのクレオ」や「ジャック・ド ゥミの少年期」「落穂拾い」といった映画作品を手掛け、注目を集めてきた。2015年にカンヌ国際映画祭名誉賞を受賞し、2017年には第90回アカデミー賞名誉賞が授与された。これまで数々の展覧会を開催し、作品群はパリのポンピドゥー・センターやカルティエ現代美術財団、ロサンゼルス・カウンティ美術館、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

 同展では、映像インスタレーションや写真作品を展示。海岸を意味する映像インスタレーション作品「Bord de Mer」では過去・永続性・現在といった3つの異なる時間尺を表現し、正面のスクリーンには海景のスチルイメージ、床上の台座には波の動きを繰り返す映像が投影される。このほか1950年代から1960年代に制作した作品で、ヨーロッパの街角を背景に猫への眼差しを捉えたヴィテージプリントを公開する。

■アニエス・ヴァルダ 個展 「Bord de Mer」
会期:2018年6月12日(火)〜8月4日(土)
場所:BLUM&POE(東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森 5階)
オープニング・レセプション:6月19日(火)18:00〜20:00
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング