Fashion

紳士服大手4社が年初来安値更新、ZOZOの影響か

 紳士服大手の青山商事、はるやまホールディングス、AOKIホールディングス、コナカの4社の株価が7月3日の今日、年初来安値を更新した。オーダーメイドスーツを2万円台で販売するとアナウンスした「ゾゾ(ZOZO)」のビジョン発表会が市場に影響したと見られている。

 13時スタートの「ゾゾ(ZOZO)」のビジネススーツ発表会から間もなくして、4社ともに株価が下落。青山商事は前日終値3,645円から3,360円に、はるやまホールディングスは前日終値1,011円から978円に、AOKIホールディングスは前日終値1,575円から1,430円に、コナカは前日終値505円から490円に落ち込んだ。

■関連記事:
本格テーラーメイド感覚?ZOZOがビジネススーツの販売開始
ZOZOがグローバル展開開始、10万人に無料配布

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング