Fashion

一点モノの新ライン発表、コトハヨコザワがショー開催

 日高琴葉が手掛ける「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」が10月17日の今日、2019年春夏コレクションのショーを開催し、新ラインを発表した。

 悪天候の中で行われた渋谷パルコ工事現場でのショーから1年。その後にセカンドラインの立ち上げや「2018年度 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」プロ部門を受賞するなど、ブランドとして少しずつステップアップしてきた。

 新作の2019年春夏コレクションでは、日常の中にある美を表現。ランウェイの背景には、日常のシーンが可動式のパネルに描かれている。家にあったものやリサイクルショップで見つけたものの写真から起こしたプリントに、洗濯バサミやクリップなどをアクセントにスタイリング。ブラジャー型のバッグなどランジェリーを思わせるパーツや、アシンメトリーで肌を見せるディテール、上下逆さまでも着られるようなデザインなどユニークな工夫が散りばめられた。

 ショーでは実験的なものづくりを行うセカンドライン「トゥードゥー コトハヨコザワ(todo kotohayokozawa)」のほか、古着やアーカイブなどをカスタマイズして作る新ライン「サムバディコトハヨコザワ(somebody kotohayokozawa)」を発表した。

■kotohayokozawa:2019年春夏コレクション全ルック
■ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング