Image by: weber

Fashion

ヴィンテージアイテム700点を展開、古着屋「weber」が日比谷に限定出店

Image by: weber

 古着屋「weber」が、ヒビヤ セントラル マーケット(HIBIYA CENTRAL MARKET)内のギャラリー「Tent gallery」にポップアップショップ「about weber」をオープンする。期間は12月1日から9日まで。

 週末ごとに展開商品が変わる2部編成のポップアップショップで、700点におよぶ希少なヴィンテージアイテムを展開。12月1日から7日までは、ショップ名の由来となっているフォトグラファーのブルース・ウェーバー(Bruce Weber)の商品が30点以上販売される。ウェーバーが俳優リヴァー・フェニックス(River Phoenix)の死後、追悼の意を込め関係者のみに配った「RIVER PHOENIX TRIBUTE」Tシャツや、ウェーバーのオリジナルブランド「weberbilt」などをラインナップ。このほか、1990年代の「パタゴニア(Patagonia)」や「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「エルエルビーン(L.L.Bean)」などのアウトドア商品が展開される。

 また、12月8日からは映画をテーマに商品を大幅に入れ替え、クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)の出世作「パルプフィクション」のロングスリーブTシャツや、1997年制作の映画「ジャッキー・ブラウン」にフォーカスしたアイテムが販売される。

■about weber
会期:2018年12月1日(土)〜12月9日(日)
営業時間:11:00〜20:00
会場:ヒビヤ セントラル マーケット/Tent gallery
住所:東京都千代田区有楽町1−1−2 東京ミッドタウン日比谷3階
電話番号:03-6205-7894
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング