ANREALAGE 19-20年秋冬コレクション

Shigeto Ichikawa

転換点となった「アンリアレイジ」のクリエイション、ニットの製作から「マラミュート」が目指すもの

市川重人

繊維ニュース 記者

フォローする:

ANREALAGE 19-20年秋冬コレクション

デザイナーが考えるリアリティーは「光」から「ディテール」へ移行した。森永邦彦「アンリアレイジ(ANREALAGE)」デザイナーが見据えるビジョンは、衣服の原点に立ち返ったようにも見える。ここ数シーズンは、紫外線を浴びると生地の色が変わるドレスや夜光塗料を塗布したアウターなど、光を自在に操るコレクションで世界のジャーナリストに驚きを与えていた。しかし、今季は「アンリアレイジ」がデビュー当時からこだわっている、ディテールの探求に再び価値を見出している。

ショー前に行ったインタビューでは「(東京で)ブランドを支えてくれる方に、アンリアレイジの現状や考え方を見せる狙いがあります。海外の販路も拡大していますが、国内の取引先も重要ですから。パリで発表した形とは一味違うコレクションになります」と語っていた。また、「近年は(ECを意識して)画面上で分かりやすく商品を見せるのがデフォルトですが、画面で見せるポケットやアームホールが違ったものになることもあります。フード部分を拡大するとボリュームドレスだったりして、いい意味で驚きを与えたい。特に若年層のユーザーに、PCやSNSの画面では分からない服の面白さを伝えたいですね」と続けた。ショーでは、巨大トレンチコートの衿がケープジャケットに変容し、デニムジャケットの衿はポンチョへ姿を変えた。さらに、モッズコートのフードはボリューム感のあるアシンメトリードレスとなり、パターンメイクでプレタポルテへ昇華した高度なテクニックが見て取れた。先日は、欧州のファッションコンテスト「LVMHヤングファッションデザイナープライズ」のセミファイナリストに選出され、その後の商談で約10件の新規取引先が決まったと言う。

ANREALAGE 2019-20年秋冬コレクション

一方、日常の疑問や不安感をコレクションに落とし込んだのが「マラミュート(malamute)」だった。2020東京五輪に向けて街は解体され、日を追うごとに風景が変化する様に不安を覚えたと言う。テーマを「ランドスケープ(風景)」に定め、見た目とは違う素材感や変化のあるスタイリング、さらにニット糸のテンションやプリーツの方向転換、カットジャカードのタレ感にまで、このテーマを盛り込んでいる。ラメ糸を編み込んだプリーツニット、立体的に生地が飛び出したように見えるカットジャカードのドレスなど、力強いルックも特徴だ。ニットに強みのあるブランドだが、テーラードジャケットやデニムパンツなども打ち出し、今季は現代的で完成度の高いスタイリングになっている。同ブランドの小高真里デザイナーは、糸の選定からこだわりを持ってクリエーションすることを信条とし、ECの画面上では「ブランド哲学を理解してもらえない。実際に見て、触ってマラミュートを購入してほしい」と公言するデザイナーでもある。新人の中では頭ひとつ抜けた存在で、産地の若手テキスタイルデザイナーと素材の共同開発を進めながらショーピースを構成している。

malamute 2019-20年秋冬コレクション

【市川重人の東コレポスト】
東コレ開幕、アマゾン ファッション「AT TOKYO」休止の影響はあるのか
2万円のロングコートが示す、SPAブランド「ハレ」の可能性
「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス」が花柄に込めた意味とは?
感傷に浸ることなく、自身のクリエイションを全うした「タエ アシダ」

市川重人

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング