ブルーボトルコーヒー 代官山コンセプトショップ
Image by: ブルーボトルコーヒージャパン

Food

ブルーボトルコーヒーが国内初のコンセプトショップを限定出店、ディカフェの先行発売も

ブルーボトルコーヒー 代官山コンセプトショップ
Image by: ブルーボトルコーヒージャパン

 「ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)」が、国内初となるコンセプトショップを「テノハ ダイカンヤマ(TENOHA DAIKANYAMA)」に6ヶ月間限定で出店する。オープン日は5月1日。

 コンセプトショップでは、ガラス張りのファサードを用いることで開放的な雰囲気を演出。グレーとホワイトの無機質な店内にボトルのマークをあしらった輸送コンテナを組み立て、その中にコーヒーバーカウンターを設置する。空間デザインはスキーマ建築計画の長坂常が手掛ける。

 また、新商品のカフェインレスコーヒー「ナイトライト ディカフェ(Night Light Decaf)」を同店で先行発売し、5月9日から全店舗で展開。スマトラ産とホンジュラス産の2種類の豆を使い、化学物質を一切使用せずにディカフェネイトする方法「スイスウォーターメソッド(スイス式水抽出方法)」で抽出する。このほか、4月25日には新商品としてグルテンフリーメニュー「アーモンド ソイケーキ」が発売される。

■ブルーボトルコーヒー 代官山コンセプトショップ
オープン日:2019年5月1日(水)
住所:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA 代官山 Q's spot DAIKANYAMA区画
店舗面積:74.38平方メートル
営業時間:11:00〜20:00(平日)、10:00〜20:00(土日祝)



最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング