ナイキ 2019 BETRUE コレクション
Image by: ナイキ

Fashion

レインボーフラッグを全アイテムにデザイン、ナイキが「BETRUE」コレクションを発売

ナイキ 2019 BETRUE コレクション
Image by: ナイキ

 「ナイキ(NIKE)」が、LGBTQIA+コミュニティのシンボルである8色のレインボーフラッグをあしらった「ナイキ 2019 BETRUE コレクション」を6月1日に発売する。NIKEアプリ、SNKRS、NIKE.COMおよび一部のナイキ販売店で取り扱う。

 2012年にスタートした同コレクションは、レインボーフラッグの考案者であるギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)にオマージュを捧げ、今回初めて全アイテムに8色のストライプデザインを取り入れた。

 シューズは、8層のスウッシュを刺繍した「エア マックス 90」(1万4,040円)や、アッパーにメッシュ素材を使用しライトブルーとピンクで仕上げた「テイルウインド 79」(1万800円)など、5つのモデルをラインナップ。それぞれのシューズには、右足の中敷に8色のストライプと各色の意味する言葉を、左足の中敷にはベイカーのサインをあしらった。

 このほか、Tシャツやプルオーバーパーカに加え、ナイキのソックスとして初めてラメを採用した「ナイキ スパーク ライトウェイト クルーソックス」(1,944円)や同じくラメを施した「ナイキ ヘリテージ ショルダーバッグ」(2,700円/全て税込)などを揃え、すべてユニセックスで展開する。

■ナイキ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング