MUNI KYOTO客室イメージ
Image by: MUNI KYOTO

Lifestyle

嵐山の景色を望む新ラグジュアリーホテルが開業、アラン・デュカス手掛けるレストランを併設

MUNI KYOTO客室イメージ
Image by: MUNI KYOTO

 京都・嵐山にラグジュアリーホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープンする。

— ADの後に記事が続きます —

 同ホテルは渡月橋に近接し、敷地面積は3,000平方メートル。地上3階、地下1階建ての建築は、「新江ノ島水族館」をはじめとする水族館建築のほか「ポーラ美術館」などを手掛ける建築家の安田幸一が手掛け、「唯一無二」をコンセプトに和モダンなデザインに仕上げる。

 全21室の客室には自然素材を取り入れ、大開口の窓からは季節や時間によって表情を変える嵐山の景色を楽むことができる。ホテル内に展開する2つのレストランは、フランス料理界を代表するシェフ アラン・デュカス(Alain Ducasse)が率いるデュカス・パリがプロデュースし、桂川を眺めながら朝食、ランチやティータイムが楽しめるカジュアルレストランと、ディナータイムにフランス料理を提供するレストランを用意。そのほか、ジムやスパも併設する。宿泊料金は後日発表する予定。

■MUNI KYOTO
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3番
ホテル構成:地上3階、地下1階
客室数:21室
敷地面積:3,205.39平方メートル
運営:クオリタス・ホスピタリティー・アドバイザーズ

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング