Art

荒木飛呂彦や浦沢直樹らによる「東京2020公式アートポスター」全20作品が東京都現代美術館で初公開

浦沢直樹「あなたの出番です。」浦沢直樹「あなたの出番です。」
浦沢直樹「あなたの出番です。」
Image by: FASHIONSNAP.COM

 東京2020組織委員会、東京都、東京都歴史文化財団による展覧会「東京2020公式アートポスター展」が、東京都現代美術館のエントランスホールで開催される。会期は1月7⽇から2月16日まで。開幕に先駆けて1月6日の今日、公式アートポスター全20点が公開され、同日行われたオープニングセレモニーには漫画家の浦沢直樹や荒木飛呂彦、写真家のホンマタカシ、同大会の公式エンブレムを手掛けたアーティストの野老朝雄ら参加アーティストが揃って出席した。

— ADの後に記事が続きます —

 東京2020公式アートポスターは東京オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成を目的に作られたもので、国内外で活動するアーティスト計19組がオリンピックやパラリンピックをテーマにポスターを制作した。

 会場となる長さ100m超のエントランスホールには、大会の公式エンブレムで用いられる四角形をイメージした立体的なモチーフを2ヶ所に設置。各アーティストによるポスターは、モチーフを構成する四角形の枠内に吊り下げて展示する。

 浦沢による作品「あなたの出番です。」はオリンピックのために描き下ろした漫画で、選手が競技へと向かっていく様子を描写。作品の左下に書いた「つづく!」の文字に浦沢は「日本漫画の次のページをめくりたくなるよう想いを込めた」という。ホンマタカシの作品「東京の子供」では、タンクトップ姿の少年を撮影。オリンピックは選手だけでのものではなく、老人から子どもまで全国民にとっての希望であり、記憶に残るものだという想いを表現したという。荒木による「神奈川沖浪裏上空」では、葛飾北斎作「神奈川沖浪裏」の構図を採用。自身の代表作「ジョジョの奇妙な冒険」を彷彿とさせるタッチで、荒波のような雲が漂う上空からスポーツの神々が日本に舞い降りる様子を描いた。このほか、会場には写真家で映画監督の蜷川実花による「Higher than the Rainbow」、アーティストのフィリップ・ワイズベッカー(Phillippe Weisbeker)の「オリンピックスタジアム」、グラフィックデザイナーの佐藤卓による「五輪の雲」などが並ぶ。会期中、制作者によるトークショーなど関連イベントの開催を予定。3月以降には、アートポスターのデザインを用いた公式ライセンス商品が発売される。

 オープニングセレモニーに登壇した小池百合子東京都知事は「1月6日の今日は東京オリンピック開催の200日前で、大会に向けて更に盛り上げていくフェーズに入った。アートポスター展を通じて、大会への期待がさらに膨らむことは間違いないと思う」と期待を寄せた。 

■東京2020公式アートポスター展
会期:2020年1月7⽇(⽕)〜2月16⽇(⽇)
場所:東京都現代美術館 エントランスホール
住所:東京都江東区三好 4-1-1
時間:10:00〜18:00
休館⽇:月曜⽇、1月14日※2020年1月13⽇は開館
観覧料:無料
<参加アーティスト>
【オリンピックをテーマとする作品制作者】
浦沢直樹(漫画家)/大竹伸朗(画家)/大原大次郎(グラフィックデザイナー)/⾦澤翔子(書家)/鴻池朋子(アーティスト)/佐藤卓(グラフィックデザイナー)/野⽼朝雄(美術家)/ホンマタカシ(写真家)/テセウス・チャン(Theseus Chan・アートディレクター)/クリス・オフィリ(Chris Ofili・アーティスト)/ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen・写真家)/フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker・アーティスト)
【パラリンピックをテーマとする作品制作者】
荒木⾶呂彦(漫画家)/柿沼康二(書家)/グーチョキパー(GOO CHOKI PAR・グラフィックデザイナー)/新木友⾏(アーティスト)/野⽼朝雄(美術家)/蜷川実花(写真家・映画監督)/森千裕(美術家)/山口晃(画家)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング