Fashion

ファッションデザイナーの山本寛斎が逝去 享年76

山本寛斎(2013年撮影)
山本寛斎(2013年撮影)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 デザイナーの山本寛斎が、急性骨髄性白血病のため7月21日に逝去した。享年76。

— ADの後に記事が続きます —

 山本は1944年生まれで、ロンドンで日本人として初めてファッションショーを開催。自身のブランド「カンサイヤマモト(KANSAI YAMAMOTO)」のデザイナーのほか、プロデューサーとしても活動していた。今年3月31日に自身のインスタグラムで急性骨髄性白血病の診断を受けたことを告白。闘病中は前向きに治療に励みながら、クリエイションに対する熱い思いをスタッフに語っていたという。

 娘の山本未來は自身のインスタグラムで「私にとって、父はエネルギッシュで明るいことはもとより、穏やかで、寛大で、人懐っこく、コミュニケーションを大切にし、無償の愛を与えてくれた存在でした。また人生を通して『時に折れることがあろうと、常に前向きに、果敢に挑戦し続けることが明るい未来に繋がる』ということを教えてくれました」と心境を綴った。

 なお、準備を進めていたオンラインイベント「日本元気プロジェクト2020 スーパーエネルギー!!」は7月31日に予定通り開催される。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング