Fashion

「アレキサンダー・マックイーン」旗艦店が表参道に、サラ・バートンによる新コンセプトを反映

店内の様子 Image by FASHIONSNAP.COM
店内の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」が、9月4日にオープンする表参道店の内部を公開した。クリエイティブディレクターのサラ・バートン(Sarah Burton)と建築家のスミルハン・ラディック(Smiljan Radic)のコラボレーションによる新コンセプトを反映した国内初の旗艦店となる。

 表参道店は表参道沿いに位置し、「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」青山店に隣接する複合ビル「オーク表参道」1階に出店。総売場面積は253平方メートル、2フロア構成で、1階ではウィメンズ、2階ではメンズを取り扱う。店舗の内装には、ブランドで大切にしているという自然への敬意を反映し、オークやウォールナットなど様々なトーンの木材をメインに使用。店内から表参道のケヤキ並木を一望できるようガラス張りの外観に仕上げた。

 壁や天井には、廃材となったコットンと石膏から作られたリサイクル素材「コットンクリート(cotton crete)」を使用。同素材はブランドがオリジナルで開発したもので、新コンセプトの店舗限定で採用されている。店内の椅子や机などは「カール・ハンセン&サン(Carl Hansen & Søn)」のもので統一。天然石のディスプレイも設置している。

 フィッティングルームは4部屋を用意。それぞれ、ガラスの円柱に2018-19年秋冬ウィメンズコレクションに登場したバタフライモチーフのアーカイヴ柄を採用したカーテンを組み合わせた。カーテンは手作業で制作したという。

 オープンを記念して同店限定の商品を発売。ウィメンズではチェック柄とブラックの生地をアシンメトリーに組み合わせたドレス(65万8000円)やジャケット(63万円)、スカート(12万5000円)のほか、スタッズでハートのモチーフなどをあしらったショルダーバッグ(28万円)が揃い、メンズからはバイカラーのダブルブレストジャケット(36万4000円)とパンツ(8万3000円)などを用意する。このほか「Tall Story bag」の新作(32〜39万円/いずれも税別)を先行販売する予定だ。

■アレキサンダー・マックイーン 表参道店
オープン日:2020年9月4日(金)
住所:東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道
営業時間:11:00〜20:00

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング