ニコラス・デ・フェリーチェ
ニコラス・デ・フェリーチェ
Image by: クレージュ

Fashion

クレージュの新クリエイティブディレクターに元ルイ・ヴィトンのニコラス・デ・フェリーチェが就任

ニコラス・デ・フェリーチェ Image by クレージュ
ニコラス・デ・フェリーチェ
Image by: クレージュ

 「クレージュ(Courrèges)」が、新たなクリエイティブディレクターにニコラス・デ・フェリーチェ(Nicolas Di Felice)を起用すると発表した。2020-21年秋冬コレクションをもって退任したヨランダ・ゾーベル(Yolanda Zobel)の後任となる。

— ADの後に記事が続きます —

 ベルギー出身のニコラスはラ・カンブル国立美術学校を卒業後、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ディオール(Dior)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」で働いた経験を持つ。ニコラスによる最初のコレクションは、2021年3月に発表される予定。ニコラスはクリエイティブディレクターの就任に際し「ブランドの価値を存続させることができることを光栄に思う。創業者と同じくらいの情熱と熱量を持ち続けたい」とコメントした。

 クレージュは1961年にアンドレ・クレージュ(André Courrèges)により創業。2018年からケリンググループのピノー家の投資会社であるアルテミスが所有している。

あわせて読みたい
「クレージュ」のビニール生地が20年春夏から変わる、藻類とマッシュルームからできたサステナブルな生地を採用

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング