ユニリーバ ロゴ
ユニリーバ ロゴ
Image by: ユニリーバ・ジャパン

Business

ユニリーバ・ジャパンが100%ペーパーレスの実現へ、2021年3月までに電子契約化を推進

ユニリーバ ロゴ Image by ユニリーバ・ジャパン
ユニリーバ ロゴ
Image by: ユニリーバ・ジャパン

 ユニリーバ・ジャパンが、2021年3月までに全ての契約締結において、捺印や署名を電子サインに切り替え、100%電子契約化すると発表した。

 同社は「サステナビリティを暮らしの"あたりまえ"に」という目的の下、サステナブルなブランドを育成するとともに、働く時間や場所を社員が自由に選べる「WAA(Work from Anywhere and Anytime)」や提携自治体で働きながら地域の課題解決に貢献する「地域 de WAA」といった新しい働き方を導入および推進してきた。こうした働き方を支え、業務効率化を図るため契約のデジタル化を進めていたところ、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務の長期化やこれまで以上に働き方の多様化が予想されるとし、100%電子契約化と電子サイン化への移行を目指すことを決定した。

 100%電子契約化・電子サイン化により、印刷や送付などの締結までの時間を短縮でき、契約書の保管スペースをとらず、紛失のリスクを回避することが可能。システムに関してはグループがグローバルで採用している電子署名システムを利用する。他社の契約当事者のシステムでの締結についても、相談して対応する予定だという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング