「マメ クロゴウチ」が今年2月にパリで開催した2020年秋冬コレクションショーの様子
「マメ クロゴウチ」が今年2月にパリで開催した2020年秋冬コレクションショーの様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

パリコレ21年春夏は全84ブランドが参加、ルイ・ヴィトンやシャネルが現地でショー開催

「マメ クロゴウチ」が今年2月にパリで開催した2020年秋冬コレクションショーの様子 Image by FASHIONSNAP.COM
「マメ クロゴウチ」が今年2月にパリで開催した2020年秋冬コレクションショーの様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 仏オートクチュール・プレタポルテ連合協会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)が、2021年春夏ウィメンズパリファッションウィークの最終スケジュールを発表した。

 9月28日から10月6日まで行われる今季のパリコレには、全84ブランドが参加し、デジタル、ランウェイショー、プレゼンテーションの形式で発表する。スケジュールは19ブランドのランウェイショー、20ブランドのプレゼンテーション、45ブランドのデジタル配信で構成。「ジバンシィ(GIVENCHY)」のマシュー・ウィリアムズ(Matthew Williams)による初のコレクションはデジタル配信で発表し、「シャネル(CHANEL)」と「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は最終日の10月6日にショーを開催する。日本のブランドからはトップバッターの「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」をはじめ、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「ビューティフルピープル(beautiful people)」などがコレクションをデジタル配信し、「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」は現地でランウェイショーを行う。オートクチュール・プレタポルテ連合協会のデジタルプラットフォームは、YouTube、Google、Instagram、Facebookなどと提携し、全てのイベントを配信する。

>>開催スケジュール一覧はこちら

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング