サプリメント「ビタミンD」
サプリメント「ビタミンD」
Image by: ファンケル

Beauty

ファンケル、在宅勤務で不足しがちなビタミンDのサプリを全従業員約4000人に配布

サプリメント「ビタミンD」 Image by ファンケル
サプリメント「ビタミンD」
Image by: ファンケル

 ファンケルが、グループの全従業員約4000人に必須栄養素のサプリメント「ビタミンD」の配布を開始した。期間は今年10月から来年3月までとし、1人につき6ヶ月分として6袋を用意している。

 「ビタミンD」は脂溶性ビタミンで、食事からの摂取に加えて日光に当たることで皮膚で産生される。同社の研究所が新型コロナウイルスの流行に伴う外出自粛の影響を調べるため、従業員のビタミンDの充足度を調査した結果、欠乏または不足者の割合が高いことが判明。また、秋冬は日照時間が短いことから食事やサプリメントなどでビタミンDを補わなければ、不足することが想定されるという。これらの背景から、従業員の健康を守ることを目的に同社が販売している「ビタミンD」を従業員に配布することを決めた。

 なお、2020年4月から9月までの「ビタミンD」の売り上げは、通販の前年同期比で270%、店舗も含めた全体でも前年同期から2倍以上に伸長。国内のビタミンD関連商品の市場全体においては、2020年の市場規模が前年比260%を超える見込みだという。

■ファンケル:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング