Business

丸井がPB事業から撤退、ビジネスモデル転換の一環

「マルイ」のロゴ Image by FASHIONSNAP
「マルイ」のロゴ
Image by: FASHIONSNAP

 丸井が、プライベートブランド事業(以下、PB事業)から撤退する。同社では数年前から定期借家契約への切り替えによるショッピングセンター(SC)化をはじめ、様々なビジネスモデルの転換を進めており、今回の撤退の判断もその一環と位置付ける。

池袋マルイ 閉店

関連記事
44年にわたり営業、池袋マルイが営業終了

— ADの後に記事が続きます —

 同社では新型コロナウイルス感染拡大の影響が出る数年前から、プライベートブランドを段階的に終了してきた。事業撤退に伴いメンズウェア「ビサルノ(VISARUNO)」、ウィメンズウェア「アールユー(ru)」、ウィメンズ雑貨「ラクチンシリーズ」の残る3ブランドも順次廃止する。PB商品を扱う自主売場は今後、テナントと協業したイベント事業やショップ運営に関わるような共創型の自主売場へと切り替えていく。

 PB事業で自主専門店運営に関わる従業員の人数は現在1150人程度。従業員はネット企業の誘致や店舗運営支援、フィンテック事業、新規事業などに配置転換する。

ルミネ新宿 賃料 減額

関連記事
ルミネ、出店テナントの最低保証賃料を減額する特別措置を終了

アパレル・サバイバル (日本経済新聞出版)
著: 齊藤孝浩
メーカー: 日経BP
発売日: 2019/02/26
価格: ¥1,485(2021/08/30現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング