Fashion

イッセイ ミヤケ新プロジェクトの特別展スタート、宮前義之が横尾忠則の作品を一枚の布で表現

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の新プロジェクト「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」が、「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY」で10⽉23⽇から25⽇まで開催する特別展のプレビューを開催した。

 TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKEは、2012年春夏シーズンから2019年秋冬シーズンまでイッセイ ミヤケのデザイナーを務めた宮前義之の退任後初となるプロジェクト。1年以上前から準備を進め、「エイポック(A-POC)」によるものづくりを行ってきた宮前とそのチームが、1977年からパリコレクションの招待状を手掛けるなどブランドと関わりの深い美術家の横尾忠則とともに、衣服の可能性を追求する。「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 0」では、性別を問わず着用できるブルゾンをキャンバスに置き換え、横尾の作品をそれぞれ7色の糸のジャカード織りで細部まで表現。見た目とは反した軽さが特徴で、リバーシブルの仕立ては生地の裏側に興味を持った横尾の視点から採用された仕様だという。首元や袖口には、宮前の服作りの代表的な技術のひとつであるスチームストレッチの素材を使用。「花嫁」「お堀」「よだれ」「ターザンがやってくる」など、横尾のエネルギッシュな8作品を取り入れた8型を展開する。

 特別展の会場では、1998年に誕生したエイポックの歴史を知ることができる動画や本と共に、初プロジェクトの全容を公開。全8型のうち5型を、裁断前のジャカード地と共に展示することで、エイポックの技術により一枚の布から一着が仕立てられていることがわかる。アフロやリーゼントなど様々な髪型のマネキンは、今回のために3Dプリンタを用いて製作したという。ブルゾンは10月23日から特別展会場近くにある「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE)」の代官山店で販売するほか、11月13日にイッセイミヤケ 船場店、11月20日に京都店で取り扱いを開始する。

 宮前は新プロジェクトについて「イッセイミヤケと密接に関わってきた横尾さんの作品とエイポックの技術を通して、『イッセイミヤケとは?』を改めて考えて表現した」とコメント。初めて発表したブルゾンはスタート地点として「0」と題しており、今後はシーズンレスにアイテムを製作していく予定で、次の新作発表は2021年に予定しているという。

関連記事
「イッセイ ミヤケ」宮前義之による新プロジェクトが始動、横尾忠則の作品を落とし込んだブルゾンを発表

Pen (ペン) 「特集:【完全保存版】 いまも尽きぬ創造のチカラ 三宅一生の仕事。」〈2019年2/1号〉 [雑誌]
編集: Pen編集部
メーカー: CCCメディアハウス
発売日: 2019/01/15
価格: ¥612(2020/10/22現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング