ファーストコレクションのルック画像
ファーストコレクションのルック画像
Image by: VALAADO

Fashion

オンワード樫山出身者によるメンズトラウザーズブランド「バラード」がデビュー 1月から大阪で発売

ファーストコレクションのルック画像 Image by VALAADO
ファーストコレクションのルック画像
Image by: VALAADO

 デザイナー大脇幹裕が手掛けるメンズトラウザーズブランド「バラード(VALAADO)」が、2021年春夏シーズンにデビューする。2021年1月中旬から公式オンラインストアとファブフォー 大阪(FAB4 OSAKA)で取り扱う。

 大脇は1986年岐阜県恵那市出身。2011年に金沢美術工芸大学大学院を修了後、オンワード樫山でパタンナー、デザイナーとして経験を積んだ。2016年にデザイン事務所「Mo2 design」を立ち上げ、振付師の森山開次の衣装デザインを手掛けるほか、ディレクターやパタンナーとして幅広く活動している。

 バラードでは「クラシックを理解し、それを現代への新しい価値観に昇華した温故知新のエレガント」をコンセプトに、新たなバランスのシルエットを探求したメンズトラウザーズを展開。ファーストコレクションは、ストレートシルエットモデル「TEN」をレザーやデニムなど6種類の素材で製作した。価格はレザー素材が9万円で、そのほか全て3万6000円(いずれも税別)。

こちらもチェック
「イッセイ ミヤケ」出身者が手掛ける新ブランドがデビュー、メンズのワンピーススタイルを提案

■VALAADO
公式インスタグラム

シルエットのきれいなメンズパンツ
著: 杉本 善英
メーカー: 文化出版局
価格: ¥1,650(2020/11/27現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング