Image by: BETTY'S BLUE

Fashion

ベティーズブルーが12年ぶりに復活、第1弾テーマは「エモいは正義」

Image by BETTY'S BLUE
Image by: BETTY'S BLUE

 ストライプインターナショナル傘下でウィメンズブランドを展開するキャンが、「ベティーズブルー(BETTY'S BLUE)」を復活させる。1月中旬頃にベティーズブルーのSNSアカウントが開設されたことで、ツイッターなどで「復活するのでは?」と話題を集めていた。第1弾アイテムを2月5日12時からキャンのオンラインサイトで販売する。

— ADの後に記事が続きます —

 ベティーズブルーは、「キュート&ラブリー」をキーワードにキャンが1985年にスタート。ポップなカラーリングとレトロなデザインが支持されていたが、2009年にブランドを休止した。コロナ禍で連日暗いニュースが続く中、明るい気持ちでファッションを楽しむための施策としてベティーズブルーの復活を企画。SNS上で「#平成レトロ」や「#90sファッション」といったハッシュタグが付いた投稿が増えていることや、当時のファンから復活を望む声があがっていたことなどが後押ししたという。休止前は子ども服を中心に展開していたが、今回は当時のターゲット層の成長に合わせて20代から40代に向けてアイテムを製作した。

 復活アイテム第1弾のテーマは「エモいは正義」で、人気だったプリントアイテムを復刻し、ロゴやキャラクターをデザインしたロングスリーブTシャツ4型(各3900円)を展開。公式オンラインストアに加え、メランクルージュ(Melan Cleuge)のイオンレイクタウンkaze店と、ららぽーと立川立飛店で販売する。

 また、ブランド復活を記念し、リットミュージック社とのコラボレーションアイテムを用意。ブランド全盛期のアイコン的存在だった「イチゴ柄ショッパー」をモチーフにしたTシャツ(4500円)とPVCバッグ(2800円/すべて税別)をリットーミュージックのオンラインサイトで受注販売する。注文受付期間は1月29日15時から2月28日23時59分まで。3月下旬の配送を予定している。

関連記事
平成から令和へ――"改元カウントダウン"で渋谷スクランブル交差点が若者たちでごった返し、コスプレ姿の来街者も

■復刻第1弾
発売日:2021年2月5日(金)
取扱店舗:メランクルージュ(イオンレイクタウン kaze店、ららぽーと立川立飛店)/キャン公式オンラインサイト

■リットーミュージックコラボレーションアイテム
受注期間:2021年1月29日(金)15:00~2月28日(日)23:59
公式オンラインサイト:TOD

■BETTY'S BLUE
公式SNSアカウント:TwitterInstagramFacebook
公式サイト

日本のファッション 明治・大正・昭和・平成
著: 城 一夫
イラスト: 渡辺 直樹
メーカー: 青幻舎
価格: ¥356(2021/01/29現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング