ピエール・ユイグ(1962〜)100万年王国 2001  映像 6 分 石川文化振興財団蔵
ピエール・ユイグ(1962〜)100万年王国 2001 映像 6 分 石川文化振興財団蔵

Art

展覧会「2021年宇宙の旅」開催、アニッシュ・カプーアらが参加

ピエール・ユイグ(1962〜)100万年王国 2001  映像 6 分 石川文化振興財団蔵
ピエール・ユイグ(1962〜)100万年王国 2001 映像 6 分 石川文化振興財団蔵

 展覧会「2021年宇宙の旅 モノリス_ウイルスとしての記憶、そしてニュー・ダーク・エイジの彼方へ」が、GYRE GALLERYで開催される。会期は2月19日から4月25日まで。1968年に公開されたスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)監督によるSF映画「2001年宇宙の旅」の時代背景となった2001年から、20年後の現代をテーマに作品を構成する。

 展覧会では、劇中に登場する人工知能「HAL9000」の夢や、謎の黒い石板「モノリス」のヴィジョンとは何かを問い直し、「宇宙旅行」「AIの反乱」「非人間的な知性」「人工的な進化」といった現代の諸問題を芸術作品によって探求。現代彫刻家のアニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)や、ライターとして活動するジェームズ・ブライドル(James Bridle)、現代アーティストの森万里子ら9組のアーティストの作品が並ぶ。

LOUIS VUITTON artwork 

関連記事
エスパス ルイ・ヴィトン大阪で初の展覧会、アメリカを代表する2人のアーティストの作品公開

■2021年宇宙の旅 モノリス_ウイルスとしての記憶、そしてニュー・ダーク・エイジの彼方へ
会期:2021年2月19日(金)~4月25日(日)
会場:GYRE GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE3階
電話番号:03-3498-699

■出展作家
赤瀬川原平、アニッシュ・カプーア、ピエール・ユイグ、オノデラユキ 、森万里子、 ダレン・アーモンド、ネリ・オックスマン、ジェームズ・ブライドル、プロトエイリアン・プロジェクト

赤瀬川原平漫画大全
著: 赤瀬川 原平
メーカー: 河出書房新社
価格: ¥3,080(2021/01/15現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング