アンダーカバー2021年秋冬メンズコレクション展示会
アンダーカバー2021年秋冬メンズコレクション展示会
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

アンダーカバーによる「ナイキ」のダンク発表、ヒールにドイツ語デザイン

アンダーカバー2021年秋冬メンズコレクション展示会 Image by FASHIONSNAP
アンダーカバー2021年秋冬メンズコレクション展示会
Image by: FASHIONSNAP

 デザイナー高橋盾が手掛ける「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が、2021年秋冬メンズコレクションで「ナイキ(NIKE)」とのコラボレーションスニーカー最新作を発表した。価格は1万6000円(予価)。7〜9月頃の発売を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 アンダーカバーの2021年秋冬メンズコレクションでは、「少しずれた視点の日常着」を発表。着慣れた日常着をツイストしてデザインし、マーカス・アッケーソン(Markus Akesson)の絵画を使用したシリーズや、「イーストパック(EASTPAK)」のバックパックから着想を得たコラボウェアなどを展開する。

 ナイキとのコラボでは、昨年35周年を迎えた「ダンク(Dunk)」のハイカットモデルをベースに採用。「CHAOS(混沌)」と「GLEICHGEWICHT(バランス・均衡)」、「NEUES LEBEN(新生活)」と「NEUER LARM(新しいノイズ)」という対になるようなドイツ語を、左右のヒールと履き口にそれぞれデザインした。アッパーはスムースレザーとシュリンクレザーを組み合わせており、タンは足入れがしやすいようオリジナル仕様にアレンジ。ソールは斑点模様に仕上げ、ブラックとホワイトの2色を用意する。

ナイキ ギャルソン フォームポジット

関連記事
コム デ ギャルソン オム プリュス×ナイキの新作、波紋柄の「フォームポジット」発表

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング