Fashion HR

エコレザーとフェイクレザーの違いとは?意外と知らない「レザー」の知識

Fashion HR

ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

フォローする:

今季のトレンドのひとつはレザーアイテム。取り入れるだけで今っぽく、ぐっとお洒落に見えます。レザーは厚くて硬いため扱いが難しいと感じる人も多いかもしれません。しかし、今季は「リアルレザー」よりも柔らかくて軽い「エコレザー」や「フェイクレザー」が主流。それぞれの違いやお手入れ方法を紹介するほか、レザー風のちょっと変わった新素材も取り上げます。

— ADの後に記事が続きます —

エコレザーとフェイクレザーの違い

エコレザーとは、リアルレザーのなめし工程で出る革の切れ端を細かくし、天然素材や樹脂と混ぜたもののこと。原料を無駄にしない環境に配慮された工場で製造され、加工の際に使用される物質が有害でないか、製造過程で出る廃棄物の処理や排水の管理がしっかりなされているかなど、いくつかの基準をクリアしなければなりません。フェイクレザーは合成皮革のことで、基布上に合成樹脂を塗り重ねて天然皮革に似せたもののこと。ポリウレタン樹脂を使用したPUレザーと、塩化ビニル樹脂を使用したPVCレザーの2種類があります。

エコレザーのメリットリアルレザーは牛や羊など、種類や磨き方によって質感が異なりますが、エコレザーは加工の際にラテックスなどの天然素材や樹脂を混ぜるため、混ぜる原料によって様々な質感やカラフルな色味をつくることができます。また、リアルレザーが配合されているのでフェイクレザーに比べて耐久性が高く、経年劣化ではなく経年変化を楽しめるのがメリットと言えるでしょう。見た目はリアルレザーとほぼ変わらず、軽いのも特徴。リアルレザーよりお手頃価格で入手でき、環境に配慮しながらおしゃれが楽しめます。

エコレザーのデメリット加水分解を起こすポリウレタン樹脂など、混ぜる原材料によっては経年劣化が見られます。また、リアルレザーと同様に雨などの水濡れに気を付ける必要があります。細やかなケアが必要で、ケアグッズなどを揃えて定期的に行うケアを人によっては手間に感じる人もいるかもしれません。

フェイクレザーのメリットフェイクレザーの一番のメリットは、なんといっても価格の安さ。エコレザーよりもさらに加工しやすいため、リアルレザーではあまり見かけないような色でのアイテム展開が可能です。耐水性があるため汚れにくく、アウトドアなどでも気兼ねなく使用できるのも魅力。汚れてしまった場合のケアも簡単です。リアルレザーはもちろん、エコレザーと比べても圧倒的に柔らかく軽いため着やすく、レザー特有の匂いがまったくないことや、動物愛護の観点からあえてフェイクレザーを選ぶ人が増えています。

フェイクレザーのデメリットフェイクレザーは経年劣化してしまうため消耗品として捉えた方が良いでしょう。また、PUレザーとPVCレザーでは劣化の仕方も異なります。PUレザーは時間が経つにつれ加水分解が進むため表面がベタつき、PVCレザーはひび割れます。一般的にリアルレザーの寿命は10年と言われていますが、フェイクレザーの寿命は3年程度です。

それぞれのお手入れ方法

エコレザーリアルレザーと同様、日常的に天然ブラシで汚れを落とし、1ヵ月に1回を目安にオイルやクリームを少量ずつ塗り込むケアが必要です。水濡れに弱いので防水スプレーをしておくと安心で、雨の日以外でも汚れ全般の付着を防ぐことができます。汚れが付着した場合は固く絞った柔らかい布で水拭きをし、風通しの良い場所で陰干しをします。それでも落ちない汚れには革用の汚れ落とし消しゴムがおすすめ。強く擦ると色落ちの可能性があるため、軽く擦るのが大切なポイントです。

フェイクレザー汚れの範囲が小さければ、固く絞った柔らかい布で水拭きをし、陰干しを。日光に当てるのは厳禁です。フェイクレザーアイテムには水洗いできるものとできないものがあります。広範囲に汚れがあり、洗濯表示に手洗いマークがある場合は思い切って水洗いに挑戦してみましょう。ダメージを避けるためにも裏返しにして洗濯ネットに入れてください。おしゃれ着用洗剤を入れ、手洗いコースで。柔軟剤を入れると色合いを損なわずキレイに仕上がります。水洗い不可の場合は、本革用のクリームで部分的に汚れを落とします。洗剤が残らないようによくチェックしましょう。

注目のレザー風素材

エコレザーやフェイクレザーだけでなく、さまざまなレザー風アイテムが登場しています。なんとキノコを原料としたマッシュルームレザーも。シートに胞子を植え付け、おがくずや有機物を与えて温度や湿度を管理することで革のような素材ができるのだそう。CHANELからはパイナップルの葉の繊維から作られる天然素材「ピニャテックス」製の帽子が発売されました。その実と違いほとんど使い道がなく、何千トンもの量が廃棄されるパイナップルの葉を使用していること、製造工程で残った資源は肥料として活用できることから大きな注目を集めています。

今季はレザーアイテムがトレンド

リアルレザーを明るい色に染めようとすると、染料により革が硬くなってしまうため高い技術が必要で、その分どうしても価格が上がってしまうもの。エコレザーやフェイクレザーならお手頃価格でカラフルなレザーアイテムを楽しむことができます。スカートやパンツに取り入れて、今っぽいコーディネートを楽しんでみてくださいね。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング