ベルグハインで行われた「SALON 02」の来場者
ベルグハインで行われた「SALON 02」の来場者
Image by: Getty Images

Fashion

「ボッテガ・ヴェネタ」ベルリンの人気クラブBerghainで新作発表 一般公開は数ヶ月後

ベルグハインで行われた「SALON 02」の来場者 Image by Getty Images
ベルグハインで行われた「SALON 02」の来場者
Image by: Getty Images

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が4月9日、ベルリンのナイトクラブ ベルグハイン(Berghain)を会場に、2021年秋冬コレクションにあたる「SALON 02」を限られた招待客向けに発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 ボッテガ・ヴェネタは昨年、コレクション発表形式を刷新。第1弾として、2021年春夏コレクションにあたる「SALON 01」を昨年10月に少数のゲストのみを招いたサロン形式で発表した。発表後すぐに情報を一般公開する通常のコレクション形式とは異なり、SNS投稿やメディアによる報道は行われず、コレクションの情報が公になったのはショーの2ヶ月後の12月だった。

ボッテガ・ヴェネタ 2021年春夏コレクション

SALON 01をレポート
「ボッテガ・ヴェネタ」21年春夏コレクションをオンラインで発表、会場はロンドンのサドラーズウェルズ劇場

 ロンドンのサドラーズウェルズ劇場で行われた「SALON 01」に続く今シーズンの会場となったのは、テクノの聖地として有名なベルリンのナイトクラブ ベルグハイン。名物バウンサーが入場客を選別する厳しい入場ポリシーでも知られており、クラブ内は撮影禁止、さらに鏡など自身の姿が確認できる物は排除されているなど、音楽に没頭できる空間が用意されているという。自己を掘り下げる環境が整いエクスクルーシビティが存在する空間は、SNSアカウントを閉鎖し没頭するような体験に重きを置く「ボッテガ・ヴェネタ」のヴィジョンにも重なるようだ。

 なお、ベルグハインは新型コロナウイルスの影響でクラブ運営は一時休業し、昨年9月からはアートギャラリーとしてスペースを活用している。

ISSUE 01

あわせて読みたい
SNS離れは加速する?インスタ削除した「ボッテガ・ヴェネタ」の新たなデジタル施策が明らかに

 4月9日、SALON 02の会場には、スケプタ(Skepta)、ステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)、ハニー・ディジョン(Honey Dijon)といった面々に加え、ベルグハインの名物バウンサーとして知られるスヴェン・マルクワルト(Sven Marquardt)が来場。なお、SALON 01の時と同じく、今回のコレクションについての詳細が明かされるのは数ヶ月後となっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング