Self-portrait≪自画像≫1995
Self-portrait≪自画像≫1995
Image by: ©︎YAYOI KUSAMA

Art

草間彌生美術館、モノクローム作品を集めた展覧会開催

Self-portrait≪自画像≫1995 Image by ©︎YAYOI KUSAMA
Self-portrait≪自画像≫1995
Image by: ©︎YAYOI KUSAMA

 草間彌生美術館が、第8回展「神秘と象徴の中間:草間彌生のモノクローム」を開催する。会期は4月29日から12月26日まで。全日程で各回90分の日時指定事前予約チケットを販売。公式サイトで当日各入場時間の30分前まで事前予約を受け付けている。観覧料は一般が1100円、小中高生が600円(いずれも税込)、未就学児は無料としている。

 展覧会では、草間が初期から現在に至るまでに制作したモノクローム作品を展示。1959年の発表以降制作を継続している「無限の網」をはじめ、白や金、銀1色で塗り潰したソフト・スカルプチュア、あらゆる色を反射する鏡の部屋、単色の花で空間を埋め尽くすインスタレーション、最新の絵画シリーズ 「わが永遠の魂」のモノクロームの作品群などを紹介する。

草間彌生とのコラボ作品も
10の部屋から紐解くルイ・ヴィトンの大規模展覧会「LOUIS VUITTON &」、歴代のレアコラボが集結

■神秘と象徴の中間:草間彌生のモノクローム
会期:2021年4月29日(木)〜12月26日(日)
開館時間:11:00〜17:30
開館日:木・金・土・日・国民の祝日
日時指定の予約・定員制(各回90分)
毎月1日10:00に美術館webサイトで翌々月分のチケットを発売開始、美術館窓口での販売はなし
休館日:月・火・水
観覧料:一般 1100円/小中高生 600円(すべて税込)

公式サイト

草間彌生 わたしの芸術
著: 建畠 晢、Laura Hoptman、Udo Kultermann、Catherine Taft
翻訳: 和田 侑子、小林 豊子
ブランド: グラフィック社
メーカー: グラフィック社
価格: ¥5,500(2021/04/14現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング