(左)従来のプラ製ショッパー(右)新たに導入する有料のコットン製ショッパー
(左)従来のプラ製ショッパー(右)新たに導入する有料のコットン製ショッパー

Fashion

ビームスが35年親しまれたプラ製ショッパーを廃止、サステナビリティ向上の一環

(左)従来のプラ製ショッパー(右)新たに導入する有料のコットン製ショッパー
(左)従来のプラ製ショッパー(右)新たに導入する有料のコットン製ショッパー

 「ビームス(BEAMS)」が、サステナビリティを改善する取り組みの一環で、ビニール製のショッピングバッグを廃止し、コットン製のショッピングバッグを5月1日から販売する。価格は税込550円。ビニール製のショッパーは、1986年にビームスの創業10周年を記念して誕生して以来、長年使用してきたもので、素材の変更後もドローコードで入り口を絞り、肩からかけられるデザインを踏襲する。

— ADの後に記事が続きます —

 ビニール製のショッパーは、インクの載せ方や組紐の編み方など細部まで工夫を凝らして生産。時代の流れに合わせて、分別しやすいようにハトメの素材を変更し、植物由来の原料を一部使用した素材に切り替えるなど改良を重ねてきた。2019年の集計によると、年間39万枚を用意していたという。

 ビームスは、ビニール製のショッパーをGOTS認証を受けた100%オーガニックコットンに切り替えることで、プラスチック資材の廃棄量削減を目指す。また、エコバッグとして繰り返し使える仕様で、ユーザーに買い物袋の持ち歩きを促すという。

 これまでは、店頭でショッパー不要を申し出た場合、1件につき100円を公益財団法人オイスカ「子供の森」計画に寄付してきた。今後は、コットン製ショッパーの売上の10%を寄付する予定だ。

ビームス 設楽洋社長

関連記事
【トップに聞く 2021】ビームス 設楽洋社長 「上場はしない、と言い切っている」

AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語 日本人はどのようにメンズファッション文化を創造したのか?
著: デーヴィッド・マークス
イラスト: 穂積和夫(カバー)、ソリマチアキラ(本文)
翻訳: 奥田祐士
ブランド: DU BOOKS
メーカー: DU BOOKS
価格: ¥2,420(2021/04/22現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング