Image by: マーガレット・ハウエル

Fashion

「マーガレット・ハウエル」50周年記念展が開催、日本限定アイテムを発売

Image by マーガレット・ハウエル
Image by: マーガレット・ハウエル

 「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」が、ブランド設立50周年を記念したエキシビション「50 YEARS OF DESIGN」を開催する。会期は、代官山T-SITE GARDEN GALLERYでは5月15日から30日まで、ロームシアター京都 パークプラザ3階では6月4日から13日まで。

春夏新作のルックはこちらから
「マーガレット・ハウエル」2021年春夏コレクション

— ADの後に記事が続きます —

 デザイナーのマーガレット・ハウエル(Margaret Howell)は、1946年イギリスのダッドワース生まれ。ロンドン大学のゴールドスミス・カレッジ(Goldsmiths)でファインアートを学んだ。1970年にメンズシャツのデザインを始め、同年にメンズとウィメンズのコレクションを手掛けるようになる。1983年には日本初の路面店を青山に出店し、1999年に旗艦店として神南店をオープン。昨年ブランド設立50周年を迎えた。

 エキシビションではアーカイヴの中から、直筆のデザイン画、キャンペーンヴィジュアル、マーガレット自身が撮影した写真やゆかりの品などを展示。また、マーガレットがフィルムメーカー エミリー・リチャードソン(Emily Richardson)とのコラボレーションで制作したフィルムの番外編を公開する予定だ。

 開催を記念した日本限定アイテムとして、「LIMITED EDITION SHIRT」(4万2900円)と「MH50 SHOPPER」(1万1000円)を5月14日にブランド直営店で発売。LIMITED EDITION SHIRTは、マーガレットが1970年代から使用している「トーマスメイソン(THOMAS MASON)」のコットン生地を採用し、シグネチャーのストライプをあしらった。ベースカラーはニュアンスのあるクリーミーなホワイトで、オーセンティックな雰囲気に仕上げたという。MH50 SHOPPERにはブランド誕生当初から2000年代初頭まで使用していたロゴと、ウォーカーズマークをあしらった貴重なデザインになっている。

■50 YEARS OF DESIGN
<代官山T-SITE GARDEN GALLERY>
会期:2021年5月15日(土)〜5月30日(日)
住所:東京都渋谷区猿楽町16-15

<ロームシアター京都 パークプラザ 3階>
会期:6月4日(金)〜6月13日(日)
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング