senken plus

パリコレ、今シーズンの視聴回数など発表 デジタルでも存在感

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 【パリ=松井孝予通信員】仏オートクチュール&モード連盟(FHCM)は、21年にデジタル開催したメンズ、オートクチュール、レディスのパリ・ファッションウィーク(PFW)の集計結果を発表した。

 公式カレンダーではトータルで170メゾンによる188のイベントが発表された。PFWとFHCMのプラットフォーム、グーグル、ユーチューブ、インスタグラム、フェイスブック、ティックトック、カナルプリュス、朝日新聞、CNN、中国のSNSで配信された。プラットフォームのセッション数は46万7000回、ページビューは150万。ユーチューブと中国系SNSでの視聴回数は合わせて3億5400万回。ブランドパフォーマンスクラウド「ローンチメトリックス」による「メディア・インパクト・バリュー」(MIV、ブランドのパフォーマンスをベンチマークするための機能)は、2億4292万ドルだった。内訳は、1月開催のメンズ21~22秋冬が3954万ドル、オートクチュール21年春夏が7138万ドル、3月のレディス21~22年秋冬1億1092万ドル。FHCMは「デジタルにおいてもパリは世界のモードの中心」と声明で強調。前シーズンのMIVとの単純比較では30ポイント高まったとしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング