展覧会メインヴィジュアル
展覧会メインヴィジュアル
Image by: 北海道立近代美術館

Art

ヘタウマ日本美術を集めた展覧会開催、中世の水墨画から現代の漫画まで

展覧会メインヴィジュアル Image by 北海道立近代美術館
展覧会メインヴィジュアル
Image by: 北海道立近代美術館

 2019年に東京、府中市美術館で開催され話題を集めた展覧会「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」の初めての巡回展が北海道立近代美術館で開催される。会期は7月17日から9月1日まで。「へそまがり」な感性から生み出された日本美術作品を展示するという。

 同展では、不可解な描写や、技巧を否定したかのような味わいを持つ作品を紹介。中世の水墨画から徳川将軍による江戸絵画、現代のヘタウマ漫画などを扱う。また、松前藩家老で画家の蠣崎波響や札幌出身の日本画家、片岡球子など、北海道ゆかりの「へそまがり」画家の作品も展示される。

ルール展 21_21 DESIGN SIGHT 

関連記事
ルールとポジティブに向き合う力をデザインから探る「ルール?展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催

■へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで
会期:2021年7月17日(土)~9月1日(水)〈前期:7月17日(土)~8月9日(月)/後期:8月11日(水)~9月1日(水)〉
住所:札幌市中央区北1条西17丁目
会場:北海道立近代美術館
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)※金曜日は19:30まで(入場は19:00まで)
休館日:月曜日(8月9日を除く)、8月10日(火)
入場料:一般1600円、高大生800円、中学生600円 ※小学生以下無料
問い合わせ:011-644-6882
展覧会公式サイト

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで
編集: 府中市美術館
著: 府中市美術館
ブランド: 講談社
メーカー: 講談社
価格: ¥2,750(2021/06/03現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング