All images: Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris (1 and 10: Courtesy Association Internationale Man Ray) © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 G2374
All images: Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris (1 and 10: Courtesy Association Internationale Man Ray) © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 G2374

Art

展覧会「マン・レイと女性たち」が開催、交友があったアーティストや恋人にフォーカス

All images: Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris (1 and 10: Courtesy Association Internationale Man Ray) © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 G2374
All images: Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris (1 and 10: Courtesy Association Internationale Man Ray) © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 G2374

 芸術家マン・レイ(Man Ray)の展覧会「マン・レイと女性たち」が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される。会期は7月13日から9月6日まで。マン・レイの生涯を4つの時代に分け、その時々に登場する女性たちに焦点を当てた250点以上の作品を展示する。

— ADの後に記事が続きます —

 マン・レイは1890年フィラデルフィア生まれ。ニューヨークではダダイストとして芸術活動を開始し、1921年にパリ・モンパルナスへ渡る。作家としての活動のかたわらで時流に先んじた肖像・ファッション写真家として活躍した。第二次世界大戦中はアメリカへ戻ったが、再びパリへ向かい画家やオブジェ作家としての名声を確立した。

 同展では、モイズ・キスリングや藤田嗣治らエコール・ド・パリの芸術家のモデルとして人気を博したキキ・ド・モンパルナス、1956年10月にマン・レイと結婚したモデルでダンサーのジュリエット・ブラウナー、20歳前にはモデルとしてヴォーグ誌の表紙を飾った写真家 リー・ミラーなど交友があった女性を美しく客観的に捉えた作品を紹介。そのほか、活動初期から制作していたオブジェ作品や、2度目のパリ移住後ファッション写真家として積極的に活動したマン・レイの写真に加え、当時の女性たちが身につけた装飾品香水、資料などを展示する。

チームラボ 休館 美術館

関連記事
美術館&博物館が休館、チームラボのサウナアートやイサム・ノグチの展覧会休止

■「マン・レイと女性たち」
会期:2021年7月13日(火)〜9月6日(月)※7月20日のみ休館
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は21:00まで)※入館は閉館30分前まで
入館料:一般1700円(前売り1500円)、大学・高校生800円、中学・小学生500円、未就学児無料
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング