Art

エデンワークス篠崎恵美、スターチスの花を用いたインスタレーション作品「mericlone」発表へ

PHOTO BY SHIMIZU KEN
PHOTO BY SHIMIZU KEN

 花にまつわる様々なプロジェクトを手掛ける「エデンワークス(edenworks)」を主宰するフラワークリエイター篠崎恵美が、インスタレーションエキシビション「mericlone」を神宮前のStandByで開催する。会期は5月29日から6月20日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 篠崎はエデンワークスの活動の傍らで、自身もフラワークリエイターとして国内外で活動。ウィンドウや店内ディスプレーを手掛けるほか、雑誌や広告、アーティストのCD ジャケットなどのヴィジュアル制作に携わる。ブランドとの協業では、過去に「コス(COS)」などとコラボレーションした。

 エキシビションの会場ではインスタレーション作品「mericlone」を展示する。スターチスの花の成長からドライフラワーになるまでの過程と、フラグメントとして来場者に配布するまでをひとつの作品と捉え、時間とともに変化する花ならではの緩やかなライブ感を提供するという。

こちらもチェック
ドライフラワーに染色やペイントも、エデンワークスの新店舗「EW.Pharmacy」がオープン

■篠崎恵美「mericlone」
会期:2021年5月29日(土)〜2021年6月20日(日)
会場:StandBy
住所:東京都渋谷区神宮前 5-11-1
開場時間:10:00〜19:00
電話番号:03-6427-5834

妖精の宿るレカンフラワー
著: 河合郁子
発売日: 2021/05/22
価格: ¥500(2021/05/25現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング