Image by: ルイ・ハルカ

Fashion

マッキンゼー、MHL出身者によるTシャツに特化した新ブランド「ルイ・ハルカ」デビュー

Image by ルイ・ハルカ
Image by: ルイ・ハルカ

 「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」のカジュアルライン「エムエイチエル(MHL)」で企画デザインを担当した藤内裕司と、元「アメトーーク!」ディレクターでマッキンゼー・アンド・カンパニー出身の別府義崇が、無地Tシャツに特化した新ブランド「ルイ・ハルカ(RUE HARKHA)」を立ち上げた。ブランドデビューに伴い、6月25日から26日まで東急プラザ銀座にポップアップショップを出店する。

— ADの後に記事が続きます —

 新ブランドは「Tシャツを通じて人と繋がる、人が繋がる」がコンセプト。Tシャツという最もベーシックなプロダクトを通じて、「仲間と共に、近くから遥か遠くまで新たな仲間と繋がりたい、自由に新たな道を切り開いていきたい」という想いを表現していくという。ブランド始動にあたり、テレビ朝日で「アメトーーク!」や「ロンドンハーツ」を手掛ける加地倫三や、スタイリストの高橋毅のインタビュー記事と動画をウェブサイトで公開している。

 デビューコレクションでは、「アパレル業界ではない人とアパレルの常識を覆したかった」という藤内と、「心から満足できる無地Tシャツに巡り合ったことがない」という別府が1年の開発期間を経て3モデルを製作。それぞれインドの超長綿に細番手の糸を編み上げた生地を全面二重に使用しており、体にフィットする「WORK」(1万3200円)、ビッグシルエットの「PLAY」(1万2100円)、ウィメンズモデルの「CHILL」(1万1000円/いずれも税込)をラインナップする。

川谷絵音 レーテンシー

関連記事
クリエイティブ集団「レーテンシー」始動、川谷絵音がアートディレクターとして指揮

■ルイ・ハルカ ポップアップショップ
期間:2021年6月25日(金)〜26日(土)
会場:東急ブラザ銀座 B2階 エントランスホール
営業時間:11:00〜20:00
■ルイ・ハルカ:公式サイト

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実
著: ピエトラ・リボリ
翻訳: 雨宮 寛、今井 章子
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2019/02/22
価格: ¥2,200(2021/06/03現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング