イメージヴィジュアル
イメージヴィジュアル
Image by: MIRAI-INSTITUTE

Lifestyle

みどり荘の新施設が馬喰横山にオープン、コーヒースタンドやスタジオを併設

イメージヴィジュアル Image by MIRAI-INSTITUTE
イメージヴィジュアル
Image by: MIRAI-INSTITUTE

 シェアオフィス「みどり荘(MIDORI.so)」を運営するMIRAI-INSTITUTEが、「働く」のこれからを探る新施設「MIDORI.so Bakuroyokoyma」を日本橋・馬喰横山にオープンする。7階建ての1棟をまるごとリノベーションした同施設では、コミュニティとその更なる広がりを生み、新しいカルチャーを発信していくという。オープンは10月上旬を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 新施設は、MIDORI.soとしては4拠点目で、東京の東側エリアへは初進出となる。1階にはコーヒースタンドや、地域のコンテクストを踏まえたアップサイクルスタジオを併設。2階から6階は、ラウンジ、オフィス、キッチンに加え、ギャラリースペースを設置する。屋上には「MIDORI.so Omotesando」で運営していた、ゼロウェイストの実現を目指す「パーマカルチャーガーデン」の引越しを予定している。

 1階に出店するコーヒースタンドは、泊まれる本屋「ブックアンドベッドトウキョウ(BOOK AND BED TOKYO)」と、ニュージーランド発のコーヒーロースター「コーヒースプリーム(Coffee Supreme)」による新業態店舗「パーラーズ(Parlor’s)」で、食、音楽、アート、人、などが交流する地域のハブ的な存在を目指すという。

 また1階奥の「STUDIO MIDORI.so」では、服飾問屋街である馬喰横山周辺の企業から出る使われなくなった商品に、新しい価値をつけて販売する試みを実施予定。刺繍ミシンや、カッティングマシンRISOグラフプリンター、シルクスクリーン、タフティングマシンなど様々なマシンが導入されたスタジオは、ものづくりができる場所として一般の人も利用可能だという。

関連記事
「無印良品の家」からワーケーション施設が2022年に誕生、上士幌町と協業

■MIDORI.so Bakuroyokoyama
住所:東京都中央区日本橋横山町5-13
オープン日:2021年10月上旬(予定)
内覧:2021年9月より予約受付開始予定

■MIDORI.so:公式サイト

大人が作る秘密基地 屋外、ツリーハウス、リノベーション、シェアオフィスまで
著: 影山裕樹
イラスト: 竹田嘉文
メーカー: DU BOOKS
価格: ¥1,848(2021/08/12現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング