日本の注力商品、プロコラジェン クレンジングバーム
日本の注力商品、プロコラジェン クレンジングバーム
Image by: エレミス

Beauty

ロクシタン傘下で英発高級スパブランド「エレミス」が日本展開開始 デジタル戦略も視野に

日本の注力商品、プロコラジェン クレンジングバーム Image by エレミス
日本の注力商品、プロコラジェン クレンジングバーム
Image by: エレミス

 英国発スキンウェルネスビューティブランド「エレミス(ELEMIS)」が、ロクシタンジャポンの下、日本事業を始動する。これまでスタービューティーがラグジュアリーホテルでのスパ運営や製品販売を担ってきたが、2年前にロクシタングループ傘下となったことで、日本での新たな展開を模索してきた。このほどロクシタンジャポンが百貨店などでの販売をスタートさせることで日本市場でのプレゼンスを高める。まずは、東京では10月20日から伊勢丹新宿店でポップアップを、大阪では10月6日から阪急うめだ本店でポップアップを開く。また10月20日には阪急うめだ本店は10月20日に常設店をオープンする。さらに11月6日から高島屋大阪店でのポップアップがスタートし、2022年3月に常設店を開く。スパ運営においては、スタービューティーがロクシタンと提携した上で継続し、スパで使用する製品はロクシタンジャポンがホールセラーとして販売する。また各百貨店のECでも展開し、来春に公式ECの開設も視野に入れる。

— ADの後に記事が続きます —

 エレミスは1990年にアーティスト、アロマセラピスト、サイエンティストの3人で創業。天然素材が持つ力を最新のサイエンスで引き出し、英国ならではのアロマセラピーに着目した、豊かな香りとテクスチャーで感性に響く心地よさが特徴のスキンケアアイテムを訴求。1994年に最高級クルーズ船内のスパに採用されたのをきっかけに、世界中に拡大。日本を含め世界のラグジュアリーホテルのスパで取り扱われてきた。2019年にロクシタングループが買収しデジタルにも力を入れており、現在は約90カ国、1000以上のサロンやショップで販売。今回、日本事業においても、ロクシタンジャポンの下でリスタート。グローバル同様にデジタル戦略も視野に存在感を高めていく。

 日本では、グローバルで人気の五感を潤す精油をブレンドした「プロコラジェン クレンジングバーム」(100g、税込7700円)と「プロコラジェン ローズクレンジングバーム」(100g、税込7700円)揃えるプロコラジェンと、3万円台の最高峰のウルトラスマート プロコラジェンを軸に、ボディケア、メンズアイテムなど計21SKUを展開する予定だ。

 ロクシタンジャポンの天野総太郎 代表取締役社長は、「ライフスタイルコスメのロクシタン、オーガニックコスメの『メルヴィータ(Melvita)』を持つグループ中で、エレミスを第3の柱として今後成長させ、ラグジュアリースキンケア市場でTOPブランドの仲間入りを果たしたい」と語り、3年間で主要百貨店に10店舗以上(首都圏5店舗、京阪神で4店舗、その他で4店舗)をオープンさせる意向を示した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング