Image by: Coogee

Beauty

本田仁美プロデュースのコスメ「ノートーン」が誕生 桃とパンのカラーを集めたアイパレット発売

 日韓合同のビューティプロジェクト「ベイズ(BAYS)」が始動し、アンバサダーに元IZ*ONEのメンバーで現在はAKB48として活動する本田仁美が就任する。第1弾としてコスメブランド「ノートーン(NOTONE)」を立ち上げ、本田がプロデュースしたアイシャドウ「Peach Blush Toast」(税込2090円)を発売。公式オンラインストアで10月6日から先行予約を受け付け、全国のバラエティストアや一部のドラッグストア、GMSでの一般販売は11月初旬を予定している。

Image by Coogee
Image by: Coogee
— ADの後に記事が続きます —

 ベイズは、アジアのトレンドを活用した自社D2C事業、D2C支援事業および、アジアのクリエイターエージェンシーを運営するクージー(Coogee)と、韓国コスメブランド「ミルクタッチ(Milk Touch)」を展開するOlive Internationalが包括的な業務提携し実現した。「Beyond Asia/アジアから世界へ」を掲げ、日韓のクリエイターや企業と協業し、ブランドが作る世界観に共感したファンダムをアジアだけではなく世界に発信していく。 

 韓国でのIZ*ONEの活動を通じて努力を積み重ね、その美容法がバズるなど「美の努力家」としてグローバルで支持を集めていることから、本田のアンバサダー起用が決定。ブランド名のノートーンは「NOT NO.ONE」から取り、「誰かのナンバー1を目指すのはもうやめた。私のペースで私らしく私だけの可愛いをアップデートする。私のミューズは他でもない私だから」という本田の思いを込め、韓国メイクの”垢抜け術”に着目したアイテムを開発した。

 アイシャドウは、本田を象徴するモチーフとして知られる桃とパンに着想し、トーンや質感が異なる4色を組み合わせたパレット2種を展開。桃をテーマにした「01_Majestic Peach」はピンク系で、パンをテーマにした「02_Mignon Toast」はオレンジブラウン系となっている。程よい発色で濃淡を調整しやすく、”儚げカラー”になる色味で、チークやアイブロウにも使うことができるマルチな仕様。各パーツのメイクに統一感を持たせることで簡単に垢抜けメイクを目指せるという。パッケージはブックレット内蔵型で、インテリアに馴染むようにデザインした。

 本田はプロジェクトについて「日本と韓国でのアイドル活動経験を通して、これからアジアや世界へと発信していきたいなと考えていたので今回、ベイズのプロジェクトの立ち上げに携わることができて光栄です。いつかプロデュースコスメも作ってみたいと思っていたので、今回その夢を叶えることができて本当に幸せです」と喜びを語っている。

■ノートーン:公式インスタグラム

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング