Lifestyle

タキイ種苗が若者世代向けの新ブランド「ウエテ」立ち上げ、省スペースで栽培可能な苗や種子を発売

 京都の種苗会社タキイ種苗が、EC限定の新ブランド「ウエテ(UETE)」を立ち上げた。若者世代をメインターゲットに設定し、「心地良い、遊べる菜園」というコンセプトのもと初心者でも取り組みやすい商品を公式サイトで展開している。

— ADの後に記事が続きます —

 ウエテは、コロナ禍で欧米を中心に広がるガーデニングブームを受け、日本の若者世代にも「農」を身近に感じて欲しいという想いから誕生。現代にマッチする「自産自消」の新しいライフスタイルの提案を目指し、ベランダや庭先などの省スペースで育てられる野菜を厳選して販売する。また、ガーデニング初心者へのサポートとして失敗しにくい苗や種子を道具一式とマニュアルを合わせた「栽培キット」として販売するほか、ノウハウやグッズを紹介する記事を公式サイトに順次掲載していくという。

 公式サイトでは、10月から11月限定の「イチゴの苗 スターターセット」(3890円)に加えて、通年栽培が可能な「ツケナのベビーリーフ」や、「バジル」「ラディッシュ」「リーフレタスのベビーリーフ」「ルッコラ」(各3300円/全て税込)を取り扱っている。

農業 

関連記事
農業から着想を得た新ブランド「カイメン」がデビュー

■UETE:公式サイト

Casa BRUTUS特別編集 植物と暮らすスタイルブック
編集: マガジンハウス
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2015/04/01
価格: ¥871(2021/10/01現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング