Fashion

「カルティエ」がホリデームービーを公開、12人の"フレンズ オブ メゾン"が集結

 「カルティエ(Cartier)」がホリデーシーズンを祝うムービー「LOVE IS ALL」を公開した。12人の「フレンズ オブ メゾン」が集結し、"普遍的で不朽の愛を称える"メゾンのビジョンを表現している。

Image by Cartier
Image by: Cartier
— ADの後に記事が続きます —

 ムービーはイギリス人監督でファッションフォトグラファーのシャーロットウェールズが担当し、パリ、ロサンゼルス、上海で撮影。エラ・バリンズカをはじめ、マリアカルラ・ボスコーノ、モニカ・ベルッチ、カティア・ブニアティシヴィリ、リリー・コリンズ、ゴルシフテ・ファラハニ、メラニー・ロラン、トロイ・シヴァン、ウィロー・スミス、アナベル・ウォーリス、ジャクソン・ワン、メイジー・ウィリアムズといったメゾンにゆかりのある12人の"ファミリー"が出演している。

 BGMとなったのはロジャー・クローヴァーとロニー・ジェイムス・ディオにより70年代に発表された楽曲「LOVE IS ALL」。「Everybody’s got to live together(人は誰かと生きていくもの)」という歌詞の背景にある普遍的なメッセージを共有しながら、12人がリズムに合わせて歌って踊る様子を映し出し、ホリデームードに満ちた映像に仕上がっている。

 カルティエのシニア ヴァイス プレジデント&チーフ マーケティング オフィサー アルノー・カレズは「人が集まれば、より力強くオーセンティックな魅力を放つという考えが、カルティエのフィロソフィーにあります。だからこそ祝福を込めて人生を慈しむアーティストたちによる、カルティエのインスピレーション豊かなコミュミティが今回ひとつになったのです」とコメントしている。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング