Image by: 東急ハンズ、カインズ

Business

東急不動産がハンズを売却、カインズの傘下に

Image by 東急ハンズ、カインズ
Image by: 東急ハンズ、カインズ

 東急不動産ホールディングスが、12月22日開催の取締役会で同社の連結子会社である東急ハンズを、ホームセンターを展開するカインズに売却することを決定した。2022年3月31日に全株式を譲渡する予定。譲渡額は非公表となっている。

— ADの後に記事が続きます —

 東急ハンズは、1976年に東急グループの中核会社である東急不動産の100%子会社として創業。「手の復権」を掲げ、DIYを中心とした提案型ライフスタイルショップとしてスタートし、幅広い品揃えと豊富な商品知識に基づいたコンサルティングセールスという小売業としては独自のスタイルを築いてきた。現在、国内外で計86店舗を展開している。

 売却の理由として、少子高齢化による客層の行動変容とそれによる小売業界の飽和、EC化の進行など小売業界の環境変化による業績低迷があり、新型コロナウイルス感染症の拡大が追い打ちをかける形となった。

 今後は、ハンズの課題であるPB商品やDXの分野でカインズのリソースとノウハウを活用していく方針で、両社にとって最大限のシナジー創出を追求していくという。

東急ハンズ 新ブランド ハンドマークス

関連記事
東急ハンズが新ブランド立ち上げ、第1弾は一生モノの鉄フライパン

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング