Image by: 東急

Lifestyle

代々木公園の既存建物を解体 ランニングステーションやフードホールを設置へ

 代々木公園 既存建物の解体工事がスタートした。民間資金を活用する公募設置管理制度(パークPFI)を適用した代々木公園整備・管理運営事業において、東急不動産、東急、石勝エクステリア、東急コミュニティーの4社が5月9日から解体工事に着手。2023年4月頃に新築工事を始動し、2024年春に供用開始を予定している。

Image by 東急
Image by: 東急
— ADの後に記事が続きます —

 パークPFIは都市公園法に基づいて、都市公園で飲食店、売店などを設置する民間事業者を公募により選定する制度。事業者は設置した施設から得られる収益を活用して、その周辺の園路、広場等の公園施設の整備などを行う。東急不動産をはじめとする4社は2022年1月25日付で代々木公園整備・管理運営事業の認定計画提出者となり、3月31日に東京都と同事業に関する実施協定を締結した。

 代々木公園整備・管理運営事業では「都市と公園を繋ぐ」をテーマに設定。公園内にスケートボードができる「アーバンスポーツパーク」やイベント用の「にぎわい広場」などを開設する。利用者の心身の健康を支援する取り組みとして、代々木公園でのランニングをサポートする「ランニングステーション」やフードホールを設置し、公園内の広場ではフィットネスイベントを開催。このほか植栽計画や壁面緑化、屋上菜園の整備、再生可能エネルギーの活用などによって環境に配慮した公園整備・運用を実施する。

代々木公園 明治公園 パークPFI

関連記事
代々木公園にスケードボードパーク開設へ、明治公園と代々木公園の運営事業者が決定

■代々木公園整備・管理運営事業概要
所在地:東京都渋⾕区神南1-25-39
建物用途:店舗、スポーツ施設、学童支援施設

東京のまちみどりっぷ machimidorip in Tokyo
編集: マルモ出版
イラスト: (一社)マーチング委員会、(株)マインドシェア、他
その他: 出版協力:(公財)都市緑化機構、(公財)東京都公園協会
メーカー: マルモ出版
発売日: 2020/06/05
価格: ¥1,650(2022/05/09現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング