Image by: 東急

Business

渋谷ヒカリエ横に新たな複合施設が誕生、低層部に商業機能など配置

Image by 東急
Image by: 東急

 東急が、渋谷駅東口エリアで計画している「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」の新築工事に12月1日から着工する。開業は2024年度上期を予定している。

代々木公園 明治公園 パークPFI

こちらもチェック
代々木公園にスケードボードパーク開設へ、明治公園と代々木公園の運営事業者が決定

— ADの後に記事が続きます —

 同事業は、渋谷ヒカリエや青山通りに隣接する地上23階建ての複合施設の整備を行い、渋谷駅周辺の回遊性向上を図るもので、1階~4階の低層部には商業機能などを配置。5階~23階は渋谷エリアでニーズが高く、駅につながる利便性の高いハイグレードなオフィスを提供する。

 また、同事業では省エネルギー施策を積極的に実施。建築物省エネルギー性能評価制度(BELS)の建築物全体評価において最高ランクである星5つのほか、省エネを実現した建物に与えられる「ZEB Oriented」認証を8月31日付で取得した。都内の超高層複合用途ビルでは「ZEB Oriented」認証取得の第1号案件となる。

 なお、工事期間中は「渋谷二丁目アートプロジェクト」と題して、現地仮囲いにアート作品を掲出。組合構成員であるNANZUKAが会員として所属する一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN)と協働し、NANZUKA含む8つのギャラリーから、「都市の移り変わり」をテーマに選ばれた8人のアーティストの作品が提示される。

関連記事
代官山に新商業施設が誕生、隈研吾がデザイン 2023年に竣工予定

■事業概要
事業名称:渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業
施行者:渋谷二丁目17地区市街地再開発組合(構成員:塩野義製薬株式会社、南塚産業株式会社、株式会社NANZUKA、東宝株式会社、太陽生命保険株式会社、東急株式会社)
施行地区:東京都渋谷区渋谷二丁目100番地
施行面積:約0.5ヘクタール
敷地面積:約3460平方メートル
延床面積:約4万4500平方メートル
階数:地上23階、地下4階
高さ:約120m
用途:事務所、店舗、駐車場など
設計者:渋谷二丁目17地区設計共同企業体(構成企業:株式会社東急設計コンサルタント・株式会社三菱地所設計・パシフィックコンサルタンツ株式会社)
施工者:株式会社竹中工務店

渋谷の秘密_12の視点で読み解く
著: 隈 研吾、馬場 正尊、長谷部 健、林 千晶、松田 法子、秋尾 沙戸子、畑中 三応子、福富 太郎、成実 弘至
監修: 三浦 展
その他: 隈 研吾、松田 法子、秋尾 沙戸子、畑中 三応子
メーカー: パルコ
価格: ¥3,850(2021/11/24現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング