Image by: イオンモール

Lifestyle

スペースワールド跡地の新施設名称が「ジ アウトレット 北九州」に決定、今春開業

 イオンモールが、福岡県北九州市八幡東区のスペースワールド跡地において「八幡東田プロジェクト」として開発を進めてきた商業施設の名称を「ジ アウトレット 北九州(THE OUTLETS KITAKYUSHU)」に決定した。開業日は4月28日。

Image by イオンモール
Image by: イオンモール
— ADの後に記事が続きます —

 ジ アウトレット 北九州の敷地面積は約27万平方メートルで、延床面積は約5万7000平方メートル。「Meet Amazing Emotion」をコンセプトに掲げ、大人から子どもまで全ての人の感情を刺激し、化学反応が起こる場所を目指すという。

 同施設には、アミューズメント施設「楽市楽座」を運営するワイドレジャーが手掛ける新業態アミューズメントパーク「アソブル(ASOBLE)」の出店が決定。「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所」をテーマに、遊びを通じて未来を考えるきっかけなるゲームや遊具を展開する。トランポリンのように飛び跳ねて遊べる「ふわふわドーム」や、音や光を楽しめる「シーソー」「ブランコ」「スピナー」などの次世代遊具が無料で楽しめるスペース、絶滅危惧種を救うことをテーマとしたARシューティングゲーム、売り上げの一部を地域の子どもたちに寄付するチャリティークレーンなど多種多様なコンテンツを提供する。

 このほか、北九州市の新科学館「スペースLABO」や、英語教育体験型施設「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY」の出店が決定。八幡東田地区における「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立を図るという。

ミクシィ 三井不動産 ららアリーナ 東京ベイ開業

関連記事
ミクシィと三井不動産が「(仮称)ららアリーナ 東京ベイ」の建築に着手、2024年春に開業

■ジ アウトレット 北九州
所在地:福岡県北九州市八幡東区東田4丁目1番1号
敷地面積: 約27万平方メートル(プロジェクト全体面積)
延床面積:約5万7000平方メートル
総賃貸面積:約4万8000平方メートル
駐車台数:約4500台(敷地外駐車場含む)
公式サイト

発進!スペースワールド―新日鉄のリストラクチャリングと北九州ルネッサンス
著: 岩淵 明男
メーカー: 日本工業新聞社
価格: ¥2,776(2022/02/04現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング