「ノントーキョー(NON TOKYO)」2022-23年秋冬コレクション
「ノントーキョー(NON TOKYO)」2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

「リボンの騎士」とのコラボも、ノントーキョー新作はニューロマンティックを表現

 デザイナー市毛綾乃が手掛ける「ノントーキョー(NON TOKYO)」が2022-23年秋冬コレクションのランウェイショーを開催した。

「ノントーキョー(NON TOKYO)」2022-23年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP
「ノントーキョー(NON TOKYO)」2022-23年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 会場となったのは、下北沢の線路跡地にある個店街「リロード」内のイベントスペース。舞台の幕が開くと、モデル全員が板付きで立っている迫力のある演出でショーがスタートした。

 今季のテーマは、貴族の社交界デビューを意味する「デビュタント(DEBUTENTE)」。ブランドが掲げる“ロマンティック ギア”のコンセプトを、ドラマティックなコレクションピースとして具現化したという。

 ファーストルックで目を引いたのは、手塚治虫の少女漫画「リボンの騎士」とコラボレーションした大判のスカーフ。男女の心を併せ持って誕生した王女サファイアや、そのいたずらをした天使のモチーフを施したアイテムは、「女性や男性らしさ」といったジェンダーの呪縛に捕らわれることのない、今季のコレクションの方向性を示しているかのようだ。

 序盤は、ブランドが得意とするフリルやプリーツをふんだんに使ったデコラティブなドレスからはじまり、パニエを用いた大掛かりなスカートも登場。透け感のある素材を用いて軽やかな印象に仕上げたり、生地の下からポップな花柄を透かしたりして遊んだ。

 アイコニックな装飾は、スポーティな素材やストリートテイストのアイテムとドッキングさせることで徐々に発展していく。ラメを施したベロア風のトップスはジッパーを付けて、キルティング生地はビスチェ風にアレンジ。さらにボリュームスリーブのドレスはボディスーツとコーディネートするなど、型にはまらないテイストミックスでオリジナルのアイテムへと昇華した。

 今季は、「ニューエラ(New Era®)」とコラボしたバラクラバや、アイウェアブランド「バディ オプティカル(BuddyOptical)」とのメガネなども登場。「ナイキ(NIKE)」のロゴが付いたヒールシューズやマウンテンブーツ、ファーのスリッポンなど、多彩なシューズが足元を彩る。

村上杏理(Anri Murakami)
記者

大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。WWDジャパンやFashion Newsの編集・記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、ファッションビル、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションを軸にライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。

    全ルックを見る
    NON TOKYO 2022-23年秋冬コレクション

    ファッションウィーク情報はこちら

    リボンの騎士 <オリジナルアニメ>
    出演: 冬馬由美、熊谷ニーナ、宮田幸季 、掛川裕彦、茶風林、丸山詠二
    Writer: 森田真由美
    監督: 西田正義
    プロデュース: 久保田稔、宇田川純男
    発売日: 2019/03/29
    価格: ¥110(2022/03/14現在)

    ショートビデオ
    最新の関連記事
    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング