Business

子ども服のレンタルシェアサービス「キッズローブ」が終了へ、アダストリアが2018年にスタート

 アダストリアが、子ども服のレンタルシェアサービス「キッズローブ(KIDSROBE)」を7月31日に終了すると発表した。「大切なお洋服とたくさんの思い出をつないでいくプラットフォーム」として、サイズアウトした子ども服などをユーザー同士でシェアする機会を提供してきた。

Image by アダストリア
Image by: アダストリア

 キッズローブは、2018年9月にサービスをスタート。これまでシェアされた洋服は累計20万点以上に上り、利用者からの好評を得ていたが「今以上の成長は見込めない」として終了を決断したという。サービス終了後、保有する子ども服は「オフストア(OFF STORE)」等の同社グループ店舗においてユーズド品として取り扱う予定だ。

アダストリアとラブボニートの取り組み

関連記事
アダストリアのEC「ドットエスティ」で他社ブランドの取り扱いを本格スタート、シロカやヤーマンの家電など

■キッズローブ:公式サイト

今さら聞けない 手芸の基礎がよくわかる! はじめての子ども服
著: 朝井 牧子
メーカー: 日東書院本社
価格: ¥1,430(2022/04/26現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング