高島屋のロゴ
高島屋のロゴ
Image by: FASHIONSNAP

Business

「立川高島屋 S.C.」百貨店の営業を終了、全館を専門店としてリニューアルオープン

Update:

【2022年4月11日16時20分】電話会議形式の会見でのコメントを追記しました。

 髙島屋が、「立川高島屋 S.C.」の百貨店区画である髙島屋立川店(以下、立川店)の営業を2023年1月31日に終了すると発表した。立川高島屋 S.C.は、2023年秋に全館を専門店としてリニューアルオープンする。

高島屋のロゴ Image by FASHIONSNAP
高島屋のロゴ
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 同施設は、立川店が百貨店として1970年6月に立川駅前にオープン。1995年3月に現在の場所に移転した。2015年9月から商業開発子会社の東神開発が同施設全体を管理しており、2018年10月に立川店を核テナントとする立川高島屋 S.C.として改装オープンした。リニューアルで立川高島屋 S.C.に新たな専門店を導入することで、同施設の周辺エリアにおける経営環境の変化に対応し、次世代の顧客の獲得を目指す。なお立川店の営業終了後も、立川高島屋 S.C.の名称を継続するという。

 同社は3ヶ年計画で国内百貨店事業の構造改革を進めており、立川高島屋 S.C.の“完全SC化“への移行はその一環と位置付ける。4月11日に電話会議形式で会見を行った高島屋の村田善郎社長は「百貨店と専門店をいかに融合させて展開するかという戦略だったが、実際のマーケットとのズレが生じた」とコメント。4、5階にすでに店舗を構えているニトリと、6階のワンフロアで展開しているジュンク堂書店・カフェの業績が好調であることから、百貨店区画においても大型店のテナント誘致を予定する。百貨店部門の従業員は正社員が40人、その他のスタッフが約100人いるといい、同社としては全従業員の雇用を維持する方針だ。

 構造改革では今年3月から大阪店のリニューアルを段階的に推進。3ヶ年計画によると9月に大型4店、2023年3月中に小型店の改革に着手する。

関連記事
【まとめ】東証再編「プライム」「スタンダード」「グロース」を解説&市場別アパレル関連銘柄一覧

高島屋 リーディング・カンパニー シリーズ (出版文化社新書)
著: 島田 比早子、石川 智規、朝永 久見雄
メーカー: 出版文化社
発売日: 2017/10/27
価格: ¥975(2022/04/11現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング