Christie’s 公式サイト
Christie’s 公式サイト
Image by: Christie’s

Art

アンディ・ウォーホルの代表作「マリリン」が約253億円で落札 20世紀の作品で史上最高額

 5月9日、クリスティーズ主催のオークションでアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の代表作「ショット・セージブルー・マリリン(Shot Sage Blue Marilyn、以下マリリン)」が、1億9500万ドル(約253億円)で落札された。この落札価格は、20世紀に制作されたアート作品では史上最高額となる。

 Christie’s 公式サイト Image by  Christie’s
Christie’s 公式サイト
Image by: Christie’s
— ADの後に記事が続きます —

 今回落札された「マリリン」は、1964年に女優マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)の肖像画としてシルクスクリーンで制作され、最も親しみのある現代アートの一つとしても知られている。同オークションを主催したクリスティーズのチェアマン、アレックス・ロッター(Alex Rotter)は、同作品を「アメリカのポップアートの頂点」とし、「肖像画の概念を超越した、どの時代においても最高の作品の一つ」と評価している。

アンディ・ウォーホルが日本最高価格で落札されたオークション会場

関連記事
アンディ・ウォーホルが日本最高価格23億円で落札 なぜ今

ぼくの哲学
著: アンディ ウォーホル
原著: Warhol,Andy
翻訳: 八月月, 落石
メーカー: 新潮社
価格: ¥2,530(2022/05/10現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング