Image by: EVERING

Technology

スマートリング「エブリング」伊藤忠商事や三菱UFJ銀行から10億円超を調達

 キャッシュレス機能を搭載したスマートリング「エブリング(EVERING)」を企画・販売するEVERINGが、10億円超の資金調達を発表した。引受先は、伊藤忠商事や三菱UFJ銀行、大和ハウス工業、凸版印刷など全16社。

エブリング ホワイト スマートリング

関連記事
「エブリング」の新色ホワイトが発売、指をかざすだけで決済できるスマートリング

Image by EVERING
Image by: EVERING
— ADの後に記事が続きます —

 エブリングは、キャッシュレス決済が可能なリング型ウェアラブルデバイス。昨年5月に先行予約販売を行い即日完売したほか、第2弾となる7月の予約販売でも数日で完売するなど大きな反響を呼んだ。昨年10月から一般販売を開始。販売当初は決済機能のみだったが、今年3月からスマートロック「bitlock」との連携を始め、指輪をかざすだけでドアの解錠が可能となった。なお、現在までの販売個数は非公開としている。

 今後は、決済やドアの解錠だけではなく、公共交通機関での利用やヘルスケア、レジャー・観光、エンタメなどあらゆる場面での活用を目指しており、今回調達した資金はそれらの事業開発において使用するという。

エブリング

関連記事
指をかざすだけで決済できるスマートリング「エブリング」が本格展開 初年度は10万個販売へ

■引受先 企業(五十音順)
アンカー・シップ・パートナーズ株式会社、伊藤忠商事株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社、株式会社 協和、株式会社サニーサイドアップグループ、株式会社 Sun Asterisk、株式会社滋賀銀行、大和ハウス工業株式会社、戸田建設株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、ライフカード株式会社 他

ウェアラブルは何を変えるのか?
著: 佐々木俊尚
メーカー: 佐々木俊尚
発売日: 2013/12/24
価格: ¥389(2022/05/31現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング