Fashion

青山商事がヒートモジュール対応のスーツを発売 37度から53度まで設定可能

 青山商事が、ソフトウェア企業のwearableとのタイアップ商品として、ヒートモジュール対応のビジネススーツを発売した。価格は税込3万900円。「洋服の青山」の主要店舗とオンラインストアで取り扱っている。

Image by 青山商事
Image by: 青山商事
— ADの後に記事が続きます —

 スーツには、電熱線を使用しない5層のマルチレイヤー構造を採用。別売りのヒートモジュールとアプリのダウンロードが必要で、ジャケット裏のポケットにヒートモジュールを挿入し、モバイルバッテリーにコードを接続することで温めることができる。温度は37度から53度まで設定可能で、スイッチを入れてから2分で設定温度に達する。また、最高温度53度の状態で約5時間継続して使用することが可能。カラーはグレーのみで、SからLLまでの4サイズを揃える。自宅の洗濯機で丸洗ができるほか、シワになりにくい素材を使用し、撥水加工を施すなど実用性を向上させた。

ECと連動したシステム「デジラボ試着室」

関連記事
ザ・スーツカンパニーがOMO型店舗の展開開始 「ユニバーサルランゲージ メジャーズ」など4ブランドを集積

■洋服の青山:公式オンラインストア

きちんと楽ちん「テレウェア」 ~テレワークのためのビジネスコーディネートBOOK~
著: 治山正史
メーカー: 小学館
発売日: 2020/10/23
価格: ¥1,188(2021/11/05現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング