(左から)耕作、フゥジ、万太郎、あやんぬ
(左から)耕作、フゥジ、万太郎、あやんぬ

Beauty

ベアミネラルが「ジェンダーニュートラル美容」の座談会を実施 メイクと向き合う多様な姿勢を発信

 「ベアミネラル(bareMinerals)」が、資生堂の美容施設「ビューティ・スクエア(Beauty Square)」のオープン2周年を記念し、「ジェンダーニュートラル 美容座談会」を開催した。ゲストに耕作、フゥジ、万太郎、あやんぬといったSNSを中心に美容について発信し、ボーダレスに楽しむ4人を迎え、”自分らしくあるため”の美容との向き合い方を語り合った。

オープン時の取材記事
資生堂の新たな美容拠点「ビューティ・スクエア」 若者に訴求する体験型店舗に

(左から)耕作、フゥジ、万太郎、あやんぬ
(左から)耕作、フゥジ、万太郎、あやんぬ
— ADの後に記事が続きます —

 ベアミネラルは「THE POWER OF GOOD」をブランドミッションに掲げ、多国籍のモデルを採用し、多様なシェードをラインナップするなど、一人ひとりの美しさに寄り添ってきた。

 座談会のテーマは、「ジェンダーニュートラルなメイク、美容」。ゲストの耕作はアイドルグループ「トロイは寝ることにした。」のプロデュース業や、オーガニックコスメのセレクトを手掛けるほか、管理栄養士の資格を持つ。フゥジは関西で大学生をする傍ら、Twitterで投稿したドラッグクイーンメイクがバズり、リアルなスキンケアやメイクの発信を続けている。ブルーヘアがトレードマークの万太郎は、紗栄子のマネージャーとして、NASU FARM VILLAGEの運営やグッズの商品企画などに携わる。あやんぬは元美容部員の知見を活かし、メイク&カラーコンサルタント、パーソナルカラー講師など一人ひとりの”似合わせメイク”について発信。それぞれが異なる立場で美容と関わっている。

耕作
耕作

 メイクを始めたきっかけもそれぞれだ。フゥジはコンプレックスだったまゆげのメイクからスタート。「最初は自分のまゆげが気に入らなくてメイクで整えたら、こんなに変わるんだってメイクの凄さを実感したんだよね」(フゥジ)。万太郎は「僕はニキビを隠したいと思ったのがきっかけ。最初はコンプレックスきっかけで始めメイクだけど、今は楽しむフェーズにいると思うんだよね。ファッションと同じような感覚で、楽しんでやってるっていうか」とメイクとの付き合い方に変化があったことを明かした。

 今では各々の目線でメイクを楽しむ4人だが、過去には周りの目を気にすることもあったという。「自分は日焼けしたくなくて、学生時代から日焼け止めを使っていたけど、周りに使う男子がいなかったから、体育の授業の前にトイレで隠れて塗ってたんだ」(耕作)。以前からメイクに触れてきたからこそ、最近のジェンダーニュートラルなメイクを肯定する雰囲気もポジティブに実感している。

 お気に入りのベアミネラルアイテムの話も。あやんぬは「CR ティンテッド ジェル クリーム」を紹介。「うるおいで満ちた感じになるからおすすめ。みずみずしいテクスチャーでベタつかないし、ナチュラルな仕上がりだから男性も使いやすいと思う。シェアコスメにも良いかも!」。万太郎は「保湿乳液、日焼け止め、下地の3役が1つで叶う『CR ディフェンス モイスチャライザー』を愛用してる。赤ちゃんの肌みたいにピュアな感じになるところがお気に入り」と説明した。

 さらに、普段どこでコスメを買うかの話に。実店舗とオンラインの両方を活用している4人だが、口を揃えてビューティ・スクエアは入りやすくて良いと共感。「昔、化粧品のカウンターで自分用の買い物をしている時に『プレゼントですか?』って聞かれて、ちょっと切なかったんだよね。ビューティ・スクエアでは最初から自分用だって分かってくれて、ビューティーコンサルタントの皆さんも気さくで、話しやすい」(フゥジ)。「私も美容部員時代に男性にプレゼント用か聞いたことはある気がする...ちょっと反省。自分が主役で買い物できるって大事だよね。ビューティ・スクエアはブランド横断で紹介してくれるから、思いがけない商品に出合えるのが楽しい」(あやんぬ)。「メンズが最初にコスメを買うのって、ドラッグストアですら緊張するって人もいると思うけど、ビューティ・スクエアはそんな人におすすめしたいね。ビューティコンサルタントの制服もオーバーオールとかデニムでカジュアルだから、良い意味で敷居が低いというか」(万太郎)。

 座談会の最後は、メイクをこれから始める・始めたい人へのメッセージで締めくくった。「自分は今こんなふうに、カラフルでしっかりメイクしてるけど、メイクに対する姿勢は人生の中で変わっていって全然いいと思うから、気になるなら今すぐに始めてみて!って思う」(万太郎)。「最初はやっぱり勇気がいるかもしれないけど、今は社会全体ムードとしてとやかく言われる事は減ってると思うし、まずはやってみなよ!って。サイトだけではわからないことってあるから、気になる人こそお店に来て相談してみると視野が広がると思う」(耕作)。

 ビューティ・スクエアでは2周年記念イベントを7月13日まで開催中。「ボーダレス」「カラフル」「ビ ーティースイッチ」をキーワードに、自分に似合うメイクと出合えるさまざまな企画を実施している。また、唇のモチーフをデザインした新たしいロゴマーク「Benny」が誕生。店内ではドイツのライフスタイルブランド「フェイラー(FEILER)」のポップアップや、シャンパンタワーゲーム、イエベ・ブルベが分かりやすいディスプレイで気軽にアイテムを試せるコーナーなどを用意。このほか、資生堂ヘアメイクップアーティストによるクイックヘアメイク企画も実施中。ワンポイントアドバイスやメイクアップデモンストレーションなどを体験できる。

■資生堂 ビューティ・スクエア
場所:東京都渋谷区神宮前 1-14-30 1階
営業時間:11:00-20:00
定休日:不定休
公式サイト

■ちょこっとパーティーヘアメイク ペア体験(要予約)
日程:6月25日(土)、7月2日(土)、7月8日(金)、7月9日(土)
時間:第1部 12:00〜/第2部 16:00〜(各回 5組、10名まで)
所要時間:120分
参加費:税込2200円
予約サイト

FASHIONSNAPでは、ビューティ/ウェルネス専用のInstagramとTwitterも更新中。新作や最旬トレンドのほか、記事には載らない情報もお届けしています。ぜひチェックしてみてください!
■Instagram https://fsna.co/UrR
■Twitter https://fsna.co/Be8

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング